カテゴリ:フレンチ( 27 )

2010年 09月 21日
梅田では初ランチ
エントにOPENして何年でしょう~?何かの縁でレセには伺ったものの、初です。

その昔、スパイラルホールからDCブランドが立ち並ぶ通りから、根津美術館を過ぎたところ
高級住宅地にポツリと一軒家が・・・(エプキモンには良く通いましたがパリだけに)

南青山・レストラン・キハチ。
フレンチをベースに様々な食材を使ったキハチ流は全国区に。料理の鉄人やったかな。

その後、本店は銀座に、他にキハチ・チャイナ、キハチ・イアタリアン、それにソフトクリーム

とかとかができて・・・大阪にも天王寺と梅田

思ったより大バコで、この日は満席のニギニギしくの状態で、パスタのあるランチを

前菜 戻り鰹のカルパッチョ ズッキーニソーズ
e0142224_23442966.jpg


茄子とセミドライトマトのペースト メカジキのスパゲッティ
e0142224_23445041.jpg


サーモンのカリカリ焼き いろいろ野菜
e0142224_23451032.jpg


デザート 濃厚プリンが名前の通りの濃厚さ
e0142224_23453459.jpg

[PR]

by masoon3go | 2010-09-21 23:35 | フレンチ
2010年 04月 14日
町中フレンチのスピリット
e0142224_23214627.jpg

午後の陽射しのいいお店のカウンター!あそこのイタリアンも心地よいのですが
この日は久々に谷町界隈での打ち合わせを済ませて、さて?どこへ・・・

一年前にお手ごろランチを始められたと聞きながら、足がどうしても中央大通りより北へ
になってしまってましたけど、南へ、空堀商店街の谷六へ

と、言ってもこちらは上本町になるんですね・・・ル・カネトン

お店の外観からして町屋の一軒、内装もカジュアルに徹しているけど、料理とサービスは!
「サクラ」出身の3人の方の腕が食べどころであるので、楽しみ

プチトマトの蜂蜜ヴィネガー漬け
e0142224_23131290.jpg

ヴィネガーの効きどころがミニトマトにあったアミューズ

自家製パテ・ド・カンパーニュ
e0142224_23135518.jpg


淡路産タマネギの冷たいスープ
e0142224_23142378.jpg

肉の後の冷たいスープはタマネギそのものの甘みと風味でひと心地

山口産ムール貝のリゾット サフラン風味
e0142224_23144834.jpg

サフランのほのかな香りに浸りながら、具だくさんな一口においしさがグ~~ンと実感
この1800円コースの中にあって、存在感が大きい

地鶏と白いんげん豆の煮込み
e0142224_23151374.jpg

フライパンでじっくり焼かれ、さらにオーブンで火が通り、お皿に盛られて出てきた時には
柔らかぁ~~~~く、しっとり、噛めば噛むほど味がでてくるし、白いんげんのスープの
余韻もたっぷり楽しめる演出!

マンゴープティング
e0142224_23154476.jpg

マンゴーの色がとくに濃いぃぃぃ、そしてそれ以上に風味が強いのであります

エスプレッソと小菓子
e0142224_23161824.jpg

チュイルなどの小菓子も丁寧な感じで、このコースで味わえるのが、レストラン級の
ことであります

これで1800円とはデジュネとしては、かなりの満足感!女性的にも品j数的にいいでしょうけど
男性的にも、肉的おいしさと豪快さを兼ね備えているので、感動するかも
次回は2800円コースの上のレベルのスピリッツを感じにいきますかねぇ~
[PR]

by masoon3go | 2010-04-14 23:10 | フレンチ
2010年 02月 15日
輝く☆☆のaccueillir
おいしいぃぃぃ!詳細コメントは後ほど・・・とりあえずヴィジュアルでお楽しみを。

星を獲得する前からですけど、超人気店は☆☆以降もなかなか予約は難しそうで

1ヶ月前に予約をして、お店の冬休み明け、それもフランスでおいしいを吸収された後

だけに、もしかしてのヴァージョンアップも秘かに期待しての襲撃です(笑)


アミューズ 紅ズワイガニのロワイヤル
春まじかの菜の花のムースにズワイガニ、ウニ、そして5種類の大根が隠されています
e0142224_17535430.jpg


シュクレのプティパン フランス産無塩バターと塩
香り、食感まさにシュクレの味わい、ついつい前菜だけで食べつくす
e0142224_17552768.jpg


冷菜 鳥取境港の甘エビのクリュと蕪のババロワ
こちらは蕪が3種類
e0142224_17555475.jpg

e0142224_17561639.jpg


温菜 広島県産千珠カキと加賀蓮根のガレット 蓮根と赤ワインヴィネガーのソース
e0142224_17563857.jpg


富山県産マナガツオのポワレ ソースコキアージュ
e0142224_1757546.jpg


塩トマトのグラニテ
e0142224_17574341.jpg

e0142224_1758844.jpg


北海道産エゾ鹿ロースのロティ
e0142224_17584165.jpg

e0142224_17591055.jpg


アヴァンデセール 5種のオレンジエルダーフラワーノジュレ 和三盆のグラス
e0142224_1759413.jpg


デセール “白い”苺のブランマンジェ ミントの香り
e0142224_1801592.jpg

e0142224_1804749.jpg


エスプレッソ
e0142224_1813548.jpg


小菓子
e0142224_182824.jpg

[PR]

by masoon3go | 2010-02-15 17:37 | フレンチ
2009年 12月 21日
ブラッスリーって、アルザス料理?
こちらのブログでよぉ~くお目にかかっていたBrasserie Le Argent

月いちぐらいで天満橋には出没していたにも関わらず、初訪問です

ブラッスリーって、けっこう古くからあるらしくて、どこかで読んだのが1870年ごろ

アルザス地方がドイツに占領されたあたりで、その時たくさんの亡命者がパリに逃れて

ブラッスリーが創設せれたとか、アルザス料理のレストランなのかは、これから食べてみます(笑)

e0142224_22553899.jpg

e0142224_2256014.jpg


前菜の盛り合わせ 4種類もの前菜、それぞれスープ以外は魚系のもの
お皿とともにヴィジュアルはいいのだが、やや変化に乏しい感じ
e0142224_2257136.jpg

e0142224_22573974.jpg

e0142224_2258634.jpg

e0142224_2258307.jpg

e0142224_22585377.jpg


ソフトフランスなパン
e0142224_22593417.jpg


メインはやっぱり魚料理を選ぶのがアルザスですかね?
ノルウエイ・サーモンのセルクル仕立て 白ワインとレモンのヴィンブランソース
e0142224_2321499.jpg

e0142224_2324224.jpg

この日は冬らしい寒さの日で、料理自体が温かさをかんじられないのが残念
お皿ぐらい冷たくなければ、料理も湯気がでるぐらいになるのかなぁー

デザートの盛り合わせ
e0142224_2332728.jpg

これは冷たくてもいいもの、合わせてコーヒーは人肌ぐらい、熱いのを流し込みたかったぁ
[PR]

by masoon3go | 2009-12-21 23:05 | フレンチ
2009年 12月 14日
デジュネ難民に冬がきたぁ~
もうすっかり冬模様になって本格的にさぶぅ~でありますが、今週の金曜日もさぶぅそう?

こんな寒い日には温か麺にはことかかない南森町ですけど、やはり手打ちパスタと思って!

天一のイタリアンへ・・・・、そしたらあら!あらぁ~のランチは休みぃ~・・・・

ここで難民になってしまうと?????1500円でそこそこ食べられる気持ちがショボリ

こうなりゃ、天満宮のフレンチでデジュネに方向転換です。

e0142224_21434175.jpg


しかし。土曜日とあってお得なのが1360円、あとはぁ~2800円コース

おむかえのフレンチはがっつりと、前菜、魚、肉、デザート、コーヒーで2100円は相当☆
で満席でした

しかし、夜は忘年会鍋コースなので、1360円のデジュネで。

かぼちゃの温かいポタージュスープ
e0142224_21475686.jpg


いつもの天然酵母のパンではなくて、どこかのバゲット
e0142224_2148182.jpg


淡路島産スズキと小松菜のポワレ ポムピューレ添え
e0142224_21502669.jpg


そしてエスプレッソ
e0142224_21505712.jpg


クリスマスデコレーション
e0142224_21521533.jpg


ぶらぶらと歩いていて気になったのが、ビランチャ跡地・・・欧風料理店に変身していて
なにやらなにやら満席です。要チェックですかねぇ。
[PR]

by masoon3go | 2009-12-14 21:54 | フレンチ
2009年 09月 15日
去り行く夏メニュー
ときどき出没していますこの界隈です・・・
e0142224_2311516.jpg


名残惜しいメニューのひとつでもありますが・・・・そろそろ終わりですよねぇー

ガスパチョ
トマト好きにはいつでもオーゲェーなんですけど、もう旬のトマトの季節は終わりです
e0142224_230352.jpg


ここのメニューにはいつもパスタがあるので、お迎えのイタリアンと比べてしまって
こちらへ
ナスのスパゲティ
e0142224_2342557.jpg

ただただナスだけにシンプルさ

このメインが食べたくて・・・、チーズを挟んだポーク
e0142224_2355975.jpg

これで1000円のデジュネですから、かなりのCPです

これに追加でティラミス
e0142224_2382381.jpg

[PR]

by masoon3go | 2009-09-15 23:09 | フレンチ
2009年 07月 08日
弘屋の初夏のコース
ありゃりゃぁ~数えれば3年ぶりになってしまってましたぁ~!
e0142224_14515332.jpg

でも「待ってましたぁ!」とばかりに(シェフは口にはださないが・・・)おまかせを。。。

e0142224_14523189.jpg


酒豪乙女軍団と一緒のこの日ばかりは、シェフも気使ってマグナムボトルがデェェ~ン!

それよかやっぱり、料理。
舞鶴産 岩牡蠣と生野菜のジュレ コリアンダーとみょうがのサラダ
e0142224_1456259.jpg

ジュレの味が濃縮100ですねぇーこれは プリプリ岩牡蠣は特撰

予想外!バーニャカウダ!えっ!弘屋でこれがぁ!やはりブランクでした
みずみずしい野菜たち
e0142224_14573094.jpg

サマー-トリュフがたっぷり、これだけでパンがすすむぅ~
e0142224_14581458.jpg

ヤングコーンは、もちひげごとです
e0142224_151451.jpg


堀江にあるPなんとかさんのバゲット
e0142224_1571377.jpg


渡り蟹の剥き身入りスクランブルエッグ
e0142224_1531099.jpg

蟹と卵は黄金のコンビ

フォアグラの脂でソテーしたフランス産ホワイトアスパラ
e0142224_1544289.jpg

今年もこれで最後になってしまいますかねぇーデカイ!

天然うなぎのポワレ
e0142224_1555499.jpg

ぷりぷりのうなぎをポワレで食べるのは初!

昨夏あたりから噂で聞いていた自家製手打ちのタヤリンは真打ちで・・・
茨城産仔牛のアバとじゃがいも、黒キャベツのタヤリン
e0142224_15101133.jpg

アバが内から飛び出した感じで、ドカ~ンとタヤリンに絡みつき思ったよりあっさり

エスプレッソ
e0142224_15105946.jpg

いつのまにか貸切に・・・
料理のさえはいつもながらに★キラッ!ですねぇーロテーションで復活したいお店のひとつ
[PR]

by masoon3go | 2009-07-08 12:44 | フレンチ
2009年 03月 19日
ウールな居心地、さらに光るハイセンス
福島のおいしいとこ中心地は聖天通りから点在する新進気鋭のお店などは

わりかしカジュアルに徹しているようでもあり、敷居がなんなく入れますよ!的

なんですけど、こちらはあくまでもシックな佇まいのフレンチ

e0142224_1340100.jpg

値段がリーズナブル!

気になる写真と植物そしてライティング
e0142224_144283.jpg


前菜 真蛸のマリネ レモン風味のサラダ仕立て
e0142224_172422.jpg

真蛸に金柑!これにドレッシングが爽やか系の好み

バゲット
e0142224_18134.jpg


市場からの鮮魚料理 メバルのソテー レンズ豆のソース
e0142224_194410.jpg

付け合せの野菜がみっちり、カリフラワー、芽キャベツ、モロッコインゲン、菜の花
などなどにホタルイカのお姿も

まだむ特製デザート3種盛
e0142224_1112236.jpg


エスプレッソと小菓子
e0142224_1122458.jpg


このちょつとした外れにあっても美味しさ目当ての方たちは、早くから続々・・・
シェフの丹精さとマダムのキリッとしたサーッビスぶりが、季節の野菜と店内の
シックナなサービスがひたすらほのぼの空間を作り出して、外の雑踏風からは
想像のできない存在空間“食の楽しみ”が体現できるところがいかにもいいのです

普段使いを楽しみたいウールな居心地というところ・・・
[PR]

by masoon3go | 2009-03-19 00:55 | フレンチ
2009年 03月 10日
雨の日の午後の過ごし方・・そして3月の雪
雨がなんとなくRhythmを感じてしまうこの頃ですけど、雨の音のサウンヂ・エフェクトに
クロス・フェイドして始まる印象的なイントロにメロディ♪

1963年の大ヒット曲「悲しき雨音」 は、Rhythmui Of The Rauin雨のリズム
というより日本題名が定着してますねぇー

そんな雨まじりの中を、この方の“3月の雪”を見る  好奇心ワクワクと・・・

これがその3月の雪
e0142224_1504998.jpg


ゆるゆる時間の過ぎ行くままに・・・

この日はT君の送別会みたいなもので、めざすはコチラということで。

アミューズ
2層になったムースにパルメジャーノのチュイールをパリッパリッ!とつぶして
e0142224_13415463.jpg


プティパン
温かさがピッタシ、バターがほんのりトロケルしたたり具合がなんとも・・・シュクレの
e0142224_13424010.jpg


帆立とほうれん草のサラダ 胡麻のフィヤンティーヌ
e0142224_13441456.jpg


鰆のソテー ホタルイカにイカスミ、それにタケノコのソース
なんか春いっぱいって感じ
e0142224_13534136.jpg


グラニテ
e0142224_13544953.jpg


お肉は3種類から
沖縄県産琉華豚バラ肉のコンフィ ペドロヒメネスのソース
幻の豚にシェリーのソースの組み合わせが、じわじわおいしい
e0142224_145516.jpg


北海道産仔羊とフォアグラのカイエットとそのジュ
ただならぬハンバーグのようですが、中にはフォアグラがキラッ!
e0142224_1483959.jpg


小さなデザート キウイと泡
e0142224_1491251.jpg


そしてデザートのデコポンのテリーヌ ホワイトチョコの雪仕立て
雪かきしてしまいましたぁ
e0142224_14104655.jpg
 

フレッシュ苺とバラのジュレ バニラアイスクリーム
e0142224_14124197.jpg


さいごにエスプレッソとお菓子
e0142224_1415361.jpg


う~む、ご満悦のランチタイムは、まさに長居はおもてなしの心から、ですかねぇー
ゆるゆる過ぎ行く時も忘れての胃袋も満たされて、気がつけば雨もあがって・・・

さらに一番の収穫は、今のこの気持ちなんでしょうねぇー
[PR]

by masoon3go | 2009-03-10 11:17 | フレンチ
2009年 02月 26日
Hajime にて
このブログもあれよあれよでアニバを無事に迎えて、記念日ということでレストラン・ハジメ
と、ぜんぜん違う記念日ですけど、こちらは特別な日にもってこいなレストランです。

グランメゾンの落ち着きがあって手抜かりのないサービス、一歩入ると“美食の世界”ですかね
なんとなく肩に余分な力が入る感じで着席。

テーブル席はほぼ満席。
(あとで分かったことですが、ほとんどの組は誕生日のサプライズがありました。)

この日は第1回目ということで、ランチ、4700円でどんなのか?を味わってみます
でも~、これもあとで分かったことですが、野菜星人としてはミシェルブラスの野菜がお目当て
だったのが、このコースでは出なかったので、「しまったぁ!この上のコースにすれば・・・」でした。

鴨のカルパッチョ
e0142224_1303246.jpg

3層になった半熟系タマゴ、桃のピュレ、クラッシュドアーモンド
e0142224_131883.jpg


e0142224_1314647.jpg

マナガツオのポワレ
e0142224_1322049.jpg


食べつくすと、素早くともされて3本はたべましたぁ(笑)
e0142224_133136.jpg


白金豚・・・もうウットリするような桃色吐息
e0142224_1333595.jpg


プレデセール・・冷え冷えの溶岩石の上に赤ピーマンのアイス
e0142224_1343982.jpg


デザート
e0142224_1355385.jpg

オレンジ風味のミルフィーユには紅茶とチョコのクリーム
e0142224_136298.jpg

チョコムース
e0142224_137111.jpg

生チョコのようなに濃厚!珈琲の粉、赤ワインを煮詰めたソースも合わせて、苦味が好き!

いろんな一口チョコ
e0142224_1374477.jpg

ビターチョコ、ホワイトチョコ(レモンクリーム)、キラメルクリームなんかでした

カカオの飴
e0142224_1381899.jpg

ボ・ドゥ・クレーム
e0142224_1385220.jpg

甘いクレームにカラメルやフランボワーズの甘酸っぱさが味のバリエーションが楽しめます

e0142224_139386.jpg


おみやげ
e0142224_13102140.jpg


ふだんランチといえばワイワイガヤガヤの喧騒な中で楽しんでますけど、静寂、落ち着、リッチ感
そのおもてなしは、料理が運ばれるのは宝石をあつかうような感じ、食べるほうも緊張!
ほんと「特別な日」のランチとして充分楽しめます。

予約したときは「2時間制限」と言われていたのですけど、料理のペースがスローなために
結局、3時間ぐらいのコースになり、できれば料理のテンポ、リズムは考えてほしいものです。

リベンジの目標はもち、“野菜の美術館”、それに“料理に合わせたシュクレパン8種”ですかね

◆追記:3月1日よりランチ・コースが7800円の1種類になりました。HPで確認を。
[PR]

by masoon3go | 2009-02-26 12:54 | フレンチ