カテゴリ:ノガラッツァ( 4 )

2008年 08月 02日
平日ランチももはや・・・ノガラッツァ
あるいつもの昼下がり、南森町のランチはトレ・ルマーケ!にするつもりがイレギュラーのお休み
では公園の向こう側と考えて入ろう!とすると、こちらは「予約で満席」!アチャー

e0142224_0341586.jpg


テーブル席は予約のために座れなくて、そこは3席だけあるカウンターの席が・・・
これはラッキー!ということでしかありません

お店からの一品 泉州水茄子とモッツァレッラのガスパチョ
e0142224_8141521.jpg

この季節らしい爽やかな一品、みずみずしさと酸味の効いたガスパチョがピッタシ!

自家製パンはフォカッチャとライ麦パン
e0142224_8165860.jpg


鱧のアラビアータソース 葱サラダ
e0142224_8184630.jpg

最近よく見かける夏の定番、鱧と葱はなるほどの味わい

仔牛のカツレツ ピーマンソース
e0142224_8205822.jpg

ノガラッツア版ミラノ風カツレツ!がーんで食べるミラノ風は豚ながら柔らか肉厚
そちらと比べてしまうと薄さ、硬さで減点かなぁー

デザート 抹茶アイス
e0142224_8244528.jpg


エスプレッソと小菓子
e0142224_8252714.jpg


帰り際にお店の前のメニューをと~く見ると「予約で満席」の文字が!
もしかしたらこの熱さの中の「難民だったんだぁ」と思うと、いいランチタイムでした
[PR]

by masoon3go | 2008-08-02 23:40 | ノガラッツァ
2008年 06月 12日
表情豊かなノガラッツア
本家のodonaの新展開も気になる「U:PONTE」こちらこちらの記事を参考に
ゆっくりと、休日ランチからなと迫りたいな、の気持ちです(笑)・・・無理そうですけど

今年の上半期新OPENではだんぜんナンバーワンのPONTE出身のノガラッツア

こちらのシェフはフレンチとイタリアン、それにヨーロッパ生活も経験とか、めざすは・・・
「国境のない料理」なんだそうです

前菜 未来コーンのスープ
e0142224_9255731.jpg


自家製パン
e0142224_9265187.jpg


赤パプリカと魚介のフェデリーニ
e0142224_9292152.jpg


豚トロのソテー
e0142224_9302179.jpg


デザート
e0142224_931574.jpg


パワフルゥゥゥ~な料理の展開で、フレンチモードの中にパスタがあるような感じもします
豚トロが従来の豚ロースよりも圧倒的なおいしさを見せつけられたような

ワイン好きの方はワインコースもあるので、料理とのマリアージュが楽しめそうです
[PR]

by masoon3go | 2008-06-12 09:37 | ノガラッツァ
2008年 04月 27日
イチオシ!極旨ランチのノガラッツア
徒歩圏内ということもあって、即リピのノガラッツアでランチです
HanakoのNewOPENのお店として、もはや「グランプリ候補!」とかですでに満席!
週末のゆったりランチは予約が必かもです

e0142224_19552332.jpg

今日は黒のプレートにメニューの詳細が・・・メインは春の魚ホーウボウです
漁師さんと契約されてるそうで、直送!魚好きにはうれしい旬が味わえるかも・・・

前菜 メロンソーダとバニラ風味のジェラード モーラ・ロマニョーラ添え
e0142224_19594258.jpg

生ハム添えにジェラードの組み合わせ!爽やかな前菜

自家製パン
e0142224_20592.jpg


鴨のコンフィ チェリートマト、九条ねぎ、オイルソースのスパゲッティーニ
e0142224_2002446.jpg

鴨の旨味とトマト、九条ネギの相性がオイルソースにあいます

徳島県沖ホーウボウの炭火焼、色々な豆のエチュベ、白ワインソース
e0142224_2022614.jpg

身の引き締まったホーウボウは皮がパリッ!エチュベとワインのソースの調和がいいです

デザートとエスプレッソ
e0142224_203937.jpg

フルーツにジュレがステーキな一品


ドドォ~ンと火がついてますねぇー今や西天満と東心斎橋(リット・マーブルトレOPEN)が
熱いかもですねぇー
[PR]

by masoon3go | 2008-04-27 20:10 | ノガラッツァ
2008年 04月 18日
激戦区に新店登場!ノガラッツア
NewOPENのお店ってなかなかのワクワクドキドキものなんですけど、
こちらは赤いビストロ食堂の跡にできた、モード・ディ・ポンテベッキオのシェフが
独立して作られたとか・・・ノガラッツア
e0142224_871934.jpg


赤のビストロに比べると落ち着きはらったたたずまいで、入り口には黒板がたててあって
そこのメニューはいたってそっけないほど、詳細は書かれてません

トラットリアというよりはリストランテのおもむきです。

ランチは1260円、これは平日ランチタイム限定の1時までのOLさん、サラリーマン向け
もひとつが2100円のコース仕立てでゆったりタイム向け
土日は、2100円と5000円?のおまかせコースの2種があるようです

シックな店内でゆったりと2100円のランチ
前菜 鯵のフリットとトマトムース
e0142224_23362897.jpg

トマトの甘味とフリットの味わいがポンテの流れが感じられます

自家製パン
e0142224_2337020.jpg

ポンテ系のパン、フォカッチャなんか好きです

海の幸のスパゲッティ
e0142224_23372978.jpg

いろいろグゥ~沢山

鴨胸肉の炭火焼き、アンディーブ添え
e0142224_2338275.jpg

炭火らしくカリッと焼かれた表面と、中はローズピンクの感じがキレもよくて旨いぃ
そえられたアンディーブの苦味のバランスが鴨とあいますね

デザート
e0142224_23383038.jpg


エスプレッソ
e0142224_2339025.jpg


実際に味わってみて「これはディナーでぇ!」と思える完成度のあうイタリアンかも
しれません。
シェフのオリジナリティを味わうには、ディナーなんでしょうね
しかし、回を重ねとランチのコースでも楽しみがあるかもです・・・

ノガラッツアのHPらしきものはコチラ


激戦区だけにトレ・ルマーケも土曜日のランチ・コース、ガッツリ!手打ちだし悩みますなぁー(笑)
[PR]

by masoon3go | 2008-04-18 00:18 | ノガラッツァ