カテゴリ:ル・ヌー・パピヨン( 30 )

2010年 11月 05日
久しぶりにヌーパピのクスクス
ごぶさたしていたコチラのデジュネ・・・こちらも圧倒的に女子率が高~~いですね

お店の片隅で良かったような?

ワンプレートも気になるところでしたが、前菜からセレクト

e0142224_15275559.jpg


11月からディナーに登場しているラミジャンとバゲット
e0142224_15293732.jpg

ものすごく合いますねぇー、料理とパン

メインはもちろんクスクスにゴロゴロの野菜に羊、そしてドカンと1本勝負!
e0142224_1532535.jpg

e0142224_15325758.jpg


デザートの盛り合わせ
e0142224_1534879.jpg

こちらの楽しみのひとつ
[PR]

by masoon3go | 2010-11-05 23:21 | ル・ヌー・パピヨン
2010年 04月 16日
雨の日の月曜日、パリ
パリのモンジュ街8番地にちなんだバゲットがぁ!
ずらぁ~~~~~っと並ぶ壮観なパン風景かな
e0142224_23372918.jpg

手前の頬紅しているのが香り高い“桜エビのバゲット”

そのモンジュたちの横顔・・・
“香り高い小麦で発酵した由緒ある天然酵母のパン
 小麦畑色のクルートを身につけ、夏の虹色の中身を備えている・・・”
って、モンジュ用の紙袋にカイザーの詩が書かれていて、食べてなっとくしたものです
e0142224_11302998.jpg

シュクレのパン!・・・モンジュ、、セレアル、ポム・ド・テール、そしてキャラウエイ!


堺筋本町のパリ、雨の日であります(たしか1年前も雨でしたぁ~)

な、な、なんと1年ぶりのビストロの会、昨年はシュクレの会とよく重なってましたぁ~

いろんなテーマで会を盛り上げていただいて、久しぶりの参戦でハイテンション

今回のテーマは。フランス地方“イルドフランス”にスポットを当てて
ビストロ・シェフがそこの料理を再現!、参加者はこれをワインと共に楽しむ贅沢
その味わいと料理の向こうからフランスの田舎風景が食の旅へとランデブ
e0142224_23231864.jpg

ヌーパピの一階は満席、シュクレの会でもお会いした方たちが、同じテーブルにいたり
他のテーブルでも顔を見れたりで、料理とシュクレ・パンとの競演でもあったりの想い・・・

ポタージュ・サンジェルマンと桜えびのバゲットからスタート
e0142224_23243079.jpg

春色!フランス産空豆を使ったスープ、もちろん爽やか春味

アランのオイル漬け
e0142224_2325493.jpg

ヌーパピ川田シェフの料理。
けっこう塩が効いてというか漬かっている!それでもってアラン=ニシンは個性的であります。

バゲット・モンジュ
e0142224_2325319.jpg

スペシャリテのモンジュが登場!嬉しい競演!
6年前ぐらいこれをかじりながら早朝ロケやってました(、カフェオレの温かさとともに)
1/4といわず1/2でも、丸ごと1本でも(笑)

ホワイトアスパラのミモザ風とピンサリとポワトリーヌ。フュメのヴィネーグル
e0142224_23272071.jpg

苦味の利いた春の野菜アスパラとタンポポ、そしてメツゲライ・クスダのベーコン
パンはバゲット・セレアル

野菜のタブレとクスダのメルゲーズ
e0142224_23275793.jpg


ニョッキ・パリジャン
e0142224_23283893.jpg

これはフランス時代を郷愁してのDAIGAKUの他谷シェフ作。パンはポム・ド・テール

ナヴァラン プランタニエール
e0142224_23303340.jpg

復活祭に必ず出てくる仔羊、カブなど野菜もドッチャリ
e0142224_2331551.jpg

パンはナヴァランに合わされた香草のキャラウエイのバゲット

仔羊の一皿、イベントならでは丸焼き
e0142224_23314333.jpg

切り分けられた一皿
e0142224_23321479.jpg

ちょっと切りにくい部位でした、赤身はいかにも柔らかそう~(分けてぇ!)白いんげん豆

さくらんぼのクラフティとイル・フロッタント
e0142224_23331961.jpg

これにエスプレッソとマカロンが付いて、エンデング

会も重ねるごとにそれぞれのシェフの腕の見せ所に、一皿ごとの楽しみがあって
食べどころ、見どころ、そしていろんなフランスの顔が観れるのがいいですねぇ

次回の噂もちらおらと期待が膨らみますぅ~ごちそうさまでしたぁ。
[PR]

by masoon3go | 2010-04-16 11:31 | ル・ヌー・パピヨン
2010年 01月 15日
時差のない友とのパリの下で
えぇぇぇ~~~・・・4年ぶり!?

懐かしの友でもなく、久しぶり?でもなく、

昨日「それじゃぁ~また明日!」って言った友ですかね、ドン・フライ!(笑)

でも確実に時間は過ぎているのに、その時間の空間を感じないのは

あまりにも好きな事が一緒なのか、同じリアルタイムで見ているものが一緒からかも・・・

で、お誘いしたのは、たぶん好きなものがあるこちらのパリのビストロ


今日の前菜
この下に隠れる下仁田葱があまりにもみずみずしい!柔らかさもさることながら
ジュワとエキスが流れ出すぅ~
e0142224_01626.jpg



この日の注目は俄然!ガレット!豚肉とレンズ豆のガレット
e0142224_01506.jpg

豚肉とレンズ豆を合わせてコク、旨みを合わせ、ガレットの存在でその食感が重くなく軽快!


ドン・フライはまちがいなく肉食系なので、この塊!
e0142224_021931.jpg

(Photo by TK-Don-Frye)
やややぁ~以前の男のビストロ・ランチよりもでっかいんでは、では!?

今日のデザートとエスプレッソ
e0142224_025274.jpg


まぁ~4年分の話は尽きることなく、格闘技のあおり映像の話から、グランドトリノ、ナップスター
はたまた140文字ツイッターやらなにやら話題は尽きずで、けっこう濃密なデジュネでありましたぁ~

セーヌの岸辺にて・・・
[PR]

by masoon3go | 2010-01-15 23:56 | ル・ヌー・パピヨン
2010年 01月 08日
堺筋本町のパリにてデジュネ
今週から続々パリも開店で初詣とあいなりましたぁ~(笑)

今日は空の半分が曇り、もう半分はカラッと太陽が、北風くん物語のようなお天気

本場パリはなんでも、「現在-5度とかで外も歩けないですよ」(パリ在A君談)
らしく日本の寒さとは格段に違うようです。

さてデジュネは、今年から内容が変わって、1575円のデジュネのメインが選べるように
週変わりのメインもいろんな未知のビストロ料理が食べられたので、楽しみでしたけど・・・
ちなみに昼と夜に訪れたのは、はっ、はっ、数えて25回でした、ことしもたっぷり味わいます

前菜は週変わりですかね?
インゲン豆の具だくさんスープ
e0142224_19323059.jpg


メインは8種類から選べます
鴨にするか、シュークルートにすか、パイ包みにするか?悩ましい悩み
年末がノワールだったので、年始はこちらのクスクスを
e0142224_19394242.jpg

このお皿で出てくるとオオ盛の感じですが、クスクスが意外に軽いので羊くんとのバランスが
いい感じ、それにドデカイ・ゴボウもいい味だしてます、根菜が合いますね

エスプレッソで〆
e0142224_19384970.jpg

デザートは別料金になって、飲み物のグラスワインがあります

で、デザートは?
このあと、このあとは、あの"セーヌの岸辺”に(笑)今日から右岸も開店です

と言っても目的は左岸の「ガレット・デ・ロワ」なんですけどね

セーヌの岸辺に咲く花・・・
e0142224_19505170.jpg

[PR]

by masoon3go | 2010-01-08 19:52 | ル・ヌー・パピヨン
2009年 12月 25日
Joyeux Noël!! デジュネ
今日はディナーが急遽取りやめになって、ひとりJoyeux Noël!! のデジュネ。

e0142224_221919.jpg

クリスマス・ウィークのお出迎えは、お店によっていろいろですが、ヌーパピは赤が基調
今週のアミューズはケークサレ、出てますねぇー

しかし、menu1575にはシュークルートがぁ!

まずは具沢山の白いんげん豆と野菜のスープ
e0142224_273470.jpg

野菜もたっぷりしたスープの味が複雑にエキスを吸い込んでいるスープ、元気の素
e0142224_28131.jpg


メインは、シュークルート!ザウアークラウト、ジャガイモのあるアルザス風でしょうか
お皿全体からしてこの肉の塊、さらにソーセージが、ドッドッドッド~ン
白ワインでじっくり煮込まれたのがトロ~トロ~
e0142224_2103011.jpg

シュークルートの味が程よい酸味とマスタードの濃厚さが激突調和、肉のエキスも抽出
e0142224_213416.jpg



デザートは雪化粧
e0142224_2143049.jpg


エスプレッソ
e0142224_215686.jpg



ヌーパピ・デジュネは今日が最後になるでしょうか・・・・
今年は春先からいろいろお世話になりありがとうございました。
あれもこれも助けていただいて、夏には「これぞビストロの集い!」なんかもあって
大賑わいさせていただいて、あらためてパリのビストロの賑わいが大阪でもあり

ますます来年からのビストロ文化の中心地として、大いに賑わってください。
よrしく、よろしくです。
[PR]

by masoon3go | 2009-12-25 23:58 | ル・ヌー・パピヨン
2009年 12月 22日
デジュネでケークサレ
先週のケークサレ曜日にデジュネをこちらで食べることになって・・・・
見事にやられたぁ!感じで、アミューズにケークサレが登場!
e0142224_1922537.jpg


お目当てのアミューズ
e0142224_1931020.jpg

     ・
     ・
     ・
     ・
この後は、ケークサレ嬢の記事を見ていただければいいのですが、それではいけないので

ちゃんとレポします。。。。しばし、お待ちを。。。

e0142224_311944.jpg


e0142224_314520.jpg


e0142224_321960.jpg


e0142224_324627.jpg


e0142224_331230.jpg


e0142224_333634.jpg

[PR]

by masoon3go | 2009-12-22 18:58 | ル・ヌー・パピヨン
2009年 12月 12日
デジュネにみるドゥプラ
今月号の『料理通信』にヌーパピが紹介されています。

そこでダイガクさんは「関西でまだ馴染みの少ない『ドゥ・プラ』にこだわり続けたい」

と、おっしゃっています。

2plats=ドゥ・プラ 直訳すると『2皿』 前菜+主菜の2皿のこと。

いつのまにかやら4月から、毎週のようにデジュネのとりこになってしまって、気が付けば12月

本来は夜のドゥ・プラとして、前菜+主菜の2皿をボリュームたっぷりで味わうのがいいのです

しかし、デジュネ、昼のドゥ・プラの2皿もボリューム満点なのは目が離せません。

本日のデジュネ
e0142224_256384.jpg


e0142224_2563120.jpg


e0142224_31221100.jpg


白金豚のパイ包み
お皿がテーブルに置かれた瞬間に、秒殺!一瞬にしてタップするほどのフォルムの旨さ!
パイにしっかり白金豚独特の味わいが、ナイフを入れたところでジュワァァァ~とさすがに
e0142224_256573.jpg

旨~~~い!これをお昼の主菜として食べられる技ありのビストロ料理であります

アップであらためて・・・実においしそうぅぉ~
e0142224_341754.jpg


デセールとエスプレッソ
e0142224_352099.jpg


クリスマス、年末に向かって、電話の予約が鳴り止むことのないヌーパピ
今年あと何回来れるでしょうか?とりあえず来週の予約はバッチシです。
[PR]

by masoon3go | 2009-12-12 00:47 | ル・ヌー・パピヨン
2009年 12月 01日
今日のdéjeuner
なんと40日ぶりのパリのdéjeunerになってしまいましたぁ~

もはやクリスマス・ヴァージョンでお出迎え★

e0142224_23531774.jpg


今週のメニューはこんな感じです。
e0142224_1044379.jpg


ビーツのスープとか、ブティサレと根菜の煮込みもきになりますが、
ワンプレートって一度食べてみなくては!で、ポム・ドフィノワーズもあることだし(笑)

と、ととと思いながら・・・これだけではたらない感はあるので、別枠で
e0142224_10531054.jpg


こここ、これがエ~ロイ感じでシェフのお誂え・・・

e0142224_10544710.jpg

e0142224_10551347.jpg


そして、ワンプレート
e0142224_1056122.jpg

ビーフストロガノフはタブレ(クスクスのサラダ)とまぜながら、その間にはさまれて
並んでいるのが、ドフィノワのじゃがいもヴァージョン
これにバゲットがついてます。

デセール
e0142224_1114692.jpg

かぼちゃのタルトとエスプレッソ

Hanakoのグランプリ・オブ・グランプリはタイムリーな話題で、デジュネ時でも満席
12時代では続々お客さんは来る来るで、残念にも入れない人も出ていました。

賑やかに人が集うパリの街角のビストロでしたぁ~!
[PR]

by masoon3go | 2009-12-01 22:55 | ル・ヌー・パピヨン
2009年 10月 19日
ふたりデジュネ
昨日の日曜日は、第3回目の某会でありまして、大盛況のうちに終わって一安心

と、思う暇なしで第4回の告知もしてしまいました。

この靭公園近くのイタリアンの模様は、先週のを済ませてからで、スミマセン!

この日は、約1年半ぶりの再会で、まるで浦島くんになって見る大阪はかなり変わったかも

年末にフランスに行くとあって、安土町のパリにて疑似体験(笑)

カボチャの温かいスープ
e0142224_2354923.jpg


魚貝三昧!これで一人前なり
e0142224_237372.jpg


豚肉のブレゼ
e0142224_238231.jpg


ブランマンジェ、柿のマリネ
e0142224_2395639.jpg

[PR]

by masoon3go | 2009-10-19 23:11 | ル・ヌー・パピヨン
2009年 09月 28日
男のビストロ鮮魚系
男のためのビストロ宣言のちょっと前になりますが、鮮魚もこれまた激ウマです

ここんとこ魚系イタリアンに振られているので、こちらでどっしり魚系を・・・

自家製サーモンと冷製パプリカのスープ
e0142224_13155096.jpg

肉厚系のパプリカの赤と黄色を混ぜ合わせた、パプリカ特有の甘味がいきてるスープ
実に野菜満点スプはこゆい

こちらがサーモン。
こちらも肉厚カットに卵がアクセントになって、デジュネとしては豪快!バゲット回転!
e0142224_13202730.jpg


メインはこの日のトレトレの“真魚鰹”
和なら味噌漬け、西京漬けなんかも人気高い魚ですけど、魚イタリアンでもビストロでも
しっかりした旨味とあっさりした感じが魅力的!激イケ!
e0142224_13244970.jpg

身もずっしり、柔らかさにソースがびったし!ビストロ級
e0142224_1325222.jpg


いつもながらに多種多彩なデザートを満喫!
e0142224_1327215.jpg


紅茶、コーヒーもありますけど、やはり苦味たっぷりエスプレッソでしめ
e0142224_13283371.jpg


肉食のバリエも見逃せませんけど、本日の鮮魚も聞いてから選択です
肉食系も料理法があまりにもいろいろ出てくるので、はずせないのは確かぁ!
[PR]

by masoon3go | 2009-09-28 12:08 | ル・ヌー・パピヨン