カテゴリ:DAIGAKU( 8 )

2010年 10月 17日
ダブル・パスタの楽しみ
遅めの夏休みにリニュされたということで、9月の末の訪問のデジュネ

おぉぉぉ~入り口に窓がぁ~!できてるぅ~
e0142224_9371727.jpg


窓があると店内も午後の陽射しとともに、明るくなって・・・
そうそう、さらに明るくなっているのは、迎えてくれたスタッフがニューフェイスの女子!
それも平成生まれと言うからまさに新世代
e0142224_9375084.jpg


前菜から、これ好きです。
焼き茄子のムース、マグレ鴨のサラダ
e0142224_9393431.jpg


パスタ1種目のショートパスタ
エリーケ 帆立とズッキーニのピュレソース
e0142224_940012.jpg


パスタ2種目・・・いいですねぇこのコースやめられません(笑)
ストラッチ 鴨のラグーソース
e0142224_940259.jpg


メインは肉食にしようと思ってたら、鴨続きになるので海食系の彩り野菜で
真鯛といろいろ季節の野菜
e0142224_9405770.jpg


デザートの盛り合わせ・・・これは別腹って?
e0142224_9414148.jpg

[PR]

by masoon3go | 2010-10-17 23:25 | DAIGAKU
2010年 04月 08日
その日のdéjeuner
ふらっとクスクスが食べたい!と思って、本日のランチ・メニューを見ると

さすがにサクラの季節のクスクスなんですけど、シェフのパスタも食べたい!
e0142224_22524461.jpg


と、食欲が俄然フルスロットルに入って、前菜メニューは迷わずテリーヌ+ラグー+仔羊!

コースで決まりぃ~!・・・Bistro a Vin DAIGAKUさん

5周年のイベントを申し込んでおきながら、やむを得ずキャンセルをしてしまったお詫びせねば

で、ビストロ復帰になりましたぁ、堺筋本町のパリは来週襲撃です


e0142224_2342988.jpg

突然、背後から前菜登場!
あれぇ、ヌーパピの清水さん!なんでもこちらにトレードだとか、そういえば
顔見知りのお二人が卒業されて、新しいスタッフの方も

その前菜のテリーヌは、太刀魚とじゃが芋の取り合わせ、軽さの中にも質感の違いが楽しめる

マファルデ  和牛のボロネーゼ
e0142224_2314526.jpg

北イタリアでよく見られるマファルデ
ロングパスタながら平たくてヒラヒラがついていて、もっちり噛みごたえもあり
これにシェフお得意のボロネーゼ・・・来週はショッキを出されるようです。

仔羊背肉のロティ  ちりめんキャベツのブレゼ
e0142224_23151383.jpg

赤身と脂のバランスがいい感じの背肉、野菜たっぷりのスープに骨付き肉もガブリ
パンもお代わりして、真っ白お皿にして完食!

デザートの盛り合わせ
e0142224_23154941.jpg

[PR]

by masoon3go | 2010-04-08 22:54 | DAIGAKU
2009年 12月 29日
クスクス・ノワール
師走に入った頃から平日限定ランチに登場していた"クスクス・ノワール”

食べに行くぞ!と思いながら、いつのまにか今年の食べ残した逸品に
e0142224_0592545.jpg


ズワイガニのメランジュ、上に乗っかっているのが下仁田葱のムース
冬の味覚のモテモテコンビ!
e0142224_0463830.jpg

このムースがあの下仁田ですって、これとパンだけでもしっかり食べて、カニはノワールに
入れてもいいぐらい

そのノワール!初登場では剣先イカでしたが、今日はホタテで
いきなり目の前に出された時には、黒い芳香が鮮烈に漂うってきます
「どうです?」と聞かれると「黒いスパイシーさに圧倒的にクリアですね」って、
わけのわからないことを・・・唐辛子チューブの混ぜすぎ?

帆立と野菜のクスクス
e0142224_05501.jpg

野菜は10種類は、入ってそう・・・

デザートはイチゴづくし
e0142224_0584721.jpg


クスクス・ノワールも想いの詰まった逸品ながら、こちらにくるとパスタも食べたくなるので

帰り際に、シェフにリクエスト!「クスクス+パスタの強力タッグコンビのMENUを!」
[PR]

by masoon3go | 2009-12-29 01:01 | DAIGAKU
2009年 09月 17日
偶然に思う秋の午後
飯島奈美の「シネマ食堂」を読みながら、堺筋メトロに乗っていると、
突然、カレーライスのページが現われたので、「よし、長堀橋へレッラゴン」に

先週から平日ランチにクスクスが登場のこちら

あれぇ~ワイングラスだぁ~いい感じですねぇーパリの匂いが誘われます
e0142224_027643.jpg


メニューはこんな感じ
e0142224_028383.jpg


着いた時はちょうど開店時、すでにマダムらしき軍勢が「クスクスよねぇークスクス!」
と、笑っている?ところ、お目あては!らしくて、すでに人気なのですかねぇー

そして、このあと今年三度目の偶然の人と会うわけですけど、なんの脈絡もないところが
???????です。

ちなみにヘビロなが~んでは、偶然ももはや当たり前ですけど、予期せぬところは
やはり偶然なんでしょうねぇー

さて店内に、集団の方たちはお2階に、こちらは1階席でシェフの挨拶とともに
やっぱりパスタだわなぁーと、方向転換でMenuBで・・・

続々お客さんが入店!ぱっと陽がさすたびに左に頭が動くのですが、それもくたびれてきて
と、思ったら「ワァ~~ッ」と声とともに「わぁ!偶然ですねぇー!」でした

マグレ鴨スモークとトマトのサラダ  焼き茄子のムース
e0142224_12245662.jpg

お隣さんのマグレ鴨とはちょっと違うスモーク。お隣さんのはこちら
焼き茄子のムースがワザモノ!パンにつけ、葉物につけの言うことなし

スパゲティーニ  燻製した秋刀魚と茸のソース
e0142224_12251767.jpg

今日の注目はサンマ、ほどよい旨味にキノコがたっぷりスープをしみ込ませている

ここで偶然の人が注文していた海老と帆立のクスクス登場!
これがなんとも魅力的、DAIGAKU BULOGの写真で見るより迫力

市場より入荷の鮮魚のポワレ  ムール貝とピストゥのジュ
e0142224_12254284.jpg

こちらも迫力、身の厚さに加えてムール貝との組み合わせがビストロ定番!そして美味しさ

デザートの盛り合わせは、アイス3種
e0142224_12262945.jpg

[PR]

by masoon3go | 2009-09-17 00:33 | DAIGAKU
2009年 06月 07日
曇りのち、ガスパチョ
いまいちすぐれない空模様ですけど、こういう日は爽快なアンダルシア地方のガスパチョを、
と長堀橋

堺筋ラインでも南ラインが、けっこう誘われるMENUがちらつくので、デュランデュランの
♪リフレックスのようで、意識的に直感のまま食べたくなるようですぅ

週末の長堀橋、真昼といえば人通りがほんとにチラホラで、女子'Sの足が早い、えっ?
向かう先は・・・もしかしたらで、、、、
e0142224_15335126.jpg

この前にも先客の女子'Sがぁ、あれれぇぇ、えらい人気ではあり~りませんか

しかし・・・なぁ~んだ、ひとりカウンター
e0142224_1613499.jpg

写真的にはかなり暗めで、真昼だとは思えなくてISOは400です

すっかり夏の定番として野菜マニアなスパニッシュ系“爽やかさ”ヒット・チューン
真蛸のマリネとガスパチョ
トマトの酸味のある香りがなんとも豊かに立ちのぼるぅ~
e0142224_1692692.jpg

真っ赤なトマトがいろんな野菜とともに凝縮されて、やさしいこゆさの滑らか舌触り

ディナーには緑のトマトのガスパチョと赤いトマトのソルベがあるそうで、
これまた、かぐわしく緑!ミドリの魔法かな。。。

ふんわりもっちり。
e0142224_1722372.jpg


キノコのペーストで和えたタリオリーニ
e0142224_1734163.jpg

キノコ版ミートソース。この山盛ゆえに香りもするどくキノコ!旨味がグイグイ引き立っているぅ

デザート
e0142224_1741239.jpg


もくもくと食べてるといつのまにやらカウンターも、泡のむ女子の列・・・
ごちそうさまでしたぁ~
[PR]

by masoon3go | 2009-06-07 17:37 | DAIGAKU
2009年 05月 04日
魅惑のショートパスタ
平日ランチに手打ちパスタが加わって、大きな魅力のDAIGAKUさんです。

1500円のデジュネにメインとしてパスタが選べるので、週代わりのスペシャリテが

食べられることに、2400円のコースでは前菜、パスタ、メイン、デザートになって

いるので申し分なしでもあります。

GWも営業されてるってことで、じっくりラグーと繊細手打ちパスタをガッツリコースで!

碓井豌豆の冷たいポタージュ 浅利のアスピック
e0142224_19322421.jpg

なにわの伝統野菜の碓井豌豆!いいですねーこの緑黄色、なんともビタミンいっぱい
それに浅利のアスピック、スープをゼリー化したもの、スープに浮いてプリンプリ!
これがいい味凝縮!


パン
e0142224_19324150.jpg

これがパンとしてはしっかり味でおいしぃぃぃ~、淡路町のだろう


手打ちのストラッチ 大山地鶏と蓮根のラグー 
e0142224_1933617.jpg

地鶏と蓮根、この寄り添う素材の取り合わせが、的確に煮込まれているのがまさにです

ストラッチは“端切れ”という意味らしく、うす~くのばした生地を5~6cmに切り離して
ある、ショートパスタもいろんな形があって、ラグーとの絡みも手打ちならではの味わい


仔羊のクスクス
e0142224_1933267.jpg

ここにくればこの煮込みも食べとかなくっちゃ!と思うぐらい数種のスパイスとともに
とろとろに美味しい!


キャラメリゼしたバナナのタルトレット バニラアイス添え
e0142224_19334421.jpg

これにエスプレッソでしめ

連休中とはいえ、都市部の地域では大混雑、この東心斎橋も年齢をとわずに人が!
DAIGAKUさんも入った時間(1時)では2階が満員で、1階もそれから続々満席!
明日からは、予約しないとランチ難民かぁ~
[PR]

by masoon3go | 2009-05-04 19:45 | DAIGAKU
2009年 03月 12日
情熱の饗宴、さらに競演!
「本場フランスのビストロとは何なのか」ということを通して、少しでも皆さんに本来のビストロ
の良さを知っていただけたら、という会です。
と、DAIGAKUさんのブログにあります

そんな会が2回、そのBistro a Vin DAIGAKU であったのは、噂ではかねがねだった

のですが、今年3回目のそのイベントがあるらしい・・・

2回目までは告知されてたのですがが・・・今回は・・・チラッと一瞬・・・
そら広まりますよねぇー、こんなコラボイベントは誰だった好きですから、

「行けるならば、行ければなぁー」って思っていたら
ひょんなことから、「もしご都合合うようでしたら?」ということにお導きいただいて・・・
ごのお誘いのご好意に謝謝!々々!・・・・です。

Bistro a Vin DAIGAKU の1階カウンターのシュクレ・オールスターズ
e0142224_13194128.jpg


名物階段を上がり、2階にはレギュラーの人たち、さらに手すりもない急斜の階段へ(恐!)

参加者は知らぬ人ばかりですが、しかし、食べ物の話になると自然に盛り上がるのが、
共通する胃袋のせい(笑)

メニューを見ながら皆さん、ワクワク、ヒャァーヒャァー!
e0142224_926439.jpg


「今回はメツゲライ・クスダさんとシュクレのコラボやぁ~」

「シュクレのシェフは気合が入って木曜から寝てないそう・・・」などなど

話が飛び交いながらスタート

なるほど今回は“kusuda”と“Iwanaga”のコラボが前半のハイライト!
メツゲライクスダのシャルキュトリーいろいろ ひとり一皿
e0142224_940107.jpg

「時計周りで食べてください」という指示のもとに、ブータンオワールの姿が涙もの

それに合わせて、ル・シュクレ・ク-ルのパン
e0142224_943194.jpg

いきなり2種も登場!料理に合わせてでてくるらしい

リュスティックはいつものクルミはなくて、シンプル・ヴァージョン!
個性的なブータンノワールなんかに寄り添う感じが実に合います、生ハムはサンドで


クスダさんのムースを射こんだパテアンクルート
それに、IwanagaとKusudaによるソーシッソンアンブリオッシュ
e0142224_9475466.jpg

生地の中に詰め込んだビストロならではの前菜!
ソーシッソンという、リヨン名物のピスタッチオ入りソーセージで、豚の直腸にブリオッシュ
e0142224_9485040.jpg

フランスのシャルキュトリーやブーランジェリーではポピュラーなようです
クスダさんとイワナガさんのコラボ続くといいですねぇー


フランス・ロワール産ホワイトアスパラのポシェ サヴァイヨンソース
e0142224_100173.jpg

アッワァァァ!!!
e0142224_1002747.jpg

苦味ばしったいいホワイトに、この泡立ち感がなんとも、白ワインと卵黄クリーム

パンはカンパーニュにバゲット・・・何切れ食べたやろ?
始めはワンテーブル6人にワンケースだったのが、いつのまにか2人にワンケースに(笑)
e0142224_1014583.jpg


砂スリのコンフィーのサラダ
e0142224_1031121.jpg

e0142224_1034834.jpg

コリコリッ!の砂スリくんに、大ぶりクレソン!
ほのかな香りと苦味、ピリッとした辛さがお似合いカップル


田舎風具だくさんのスープ
e0142224_1034933.jpg


本日のメインイベンターはビストロの王者!カスレ!
白インゲンマメにソーセージ、羊肉などなどドッサリこんと煮込まれたトトロなカスレ
e0142224_105933.jpg

すべてトロトロ!トロリン~!
e0142224_106102.jpg

しかしぃ~~かなりの激塩!まいりましたねぇー

これに合わせて挑むのがシュクレのチョコパン!おぉぉ~バトルロイヤルの様相!
e0142224_1074057.jpg

ほんとうはカスレ用ではなかったらしい、「強いパンに合わせたら面白い!」ってことらしい
カスレに秒殺タップしたので、このカカオはさらに美味しかったぁ!

ネットリ濃厚な生地の苦味にコニャックの香りもしっとりのこのパンは、名前はないそうで、
カカオとノワゼット生地にコニャックと黒胡椒で漬けこんだプラムのビックリパンでした。


しめはファーブルトン
e0142224_10135776.jpg

プリンのようなフランス伝統菓子、タマゴ液の中に小麦粉、牛乳、生クリームそれにプラム
一度、シュクレで食べたことがあったかも

この日のすべてに愛情、情熱を感じずにはいられませんでしたねぇー

ビストロってこれなんだなぁーと、何よりも楽しいかった、おいしかった!

関西にもビストロっていろんな形でいろいろありますけど、100軒のそういうお店で
食べるより、この一夜で理解できるところにこの会の濃さがあるように。

DAIGAKUさんは今月の24日から、Le noeud papillon というビストロをOPEN!
楽しみ!
[PR]

by masoon3go | 2009-03-12 12:05 | DAIGAKU
2008年 12月 22日
X’masウィークのDejeuner
いよいよクリスマス・ウィークに突入で、こちらのパスタを食べとかないとぉ!と、と、と・・・
ディナーなら手打ちが食べられるのですけど、最近始められたランチではどうでしょう?
長堀の駅から50歩ぐらい(笑)

e0142224_02351.jpg


店内の装飾はクリスマス・モード!そんな中、ひとりランチでカウンターを占拠

自家製クリスマス・リース
e0142224_024752.jpg

こちらならではのリース
ディナーのクリスマス・メニューにシャンパン、ワイン、盛り上がりそうですねぇー

前菜 ホタテとサーモンのタルタル ラタトゥイユ添え
e0142224_0293529.jpg

ホタテの繊維の食感がとてもいい感じ歯ごたえあり!それにトマトの味がうれしいラタトゥイユ

コンキリエ 海老と菜の花のトマトソース
e0142224_1016952.jpg

ショートパスタ、もっちり系食べ心地いいですねぇー

ホーボーのポワレ ソース・クリュスタッセ
e0142224_10182659.jpg

ホーボーって、見かけも行動(海底を歩くらしい)もユニークなんですけど、おいしさは抜群
白身魚らしい淡白な味わいに、クリュスタッセ(甲殻類)のソースが引き締まった身に合います

デザートの盛り合わせ
e0142224_10223919.jpg


これにエスプレッソ
e0142224_10231194.jpg

クリスマスツリーもキラキラモード

いつ以来だったでしょうか?数店参加のコラボも予約はとれたものの行けなくて(涙)
手打ちパスタはディナーで8種類はあるとか!ですから、来年こそはリベンジしたいし

今日のひとりランチながら、シソムリエさんから暖かくもてなししていただいて、嬉しい限り
岸部のパンのエピソードやら、ワインの話までつらつらと、楽しい時間を過ごせましたぁ
[PR]

by masoon3go | 2008-12-22 23:58 | DAIGAKU