<   2008年 03月 ( 23 )   > この月の画像一覧

2008年 03月 31日
久しぶりの再会デート?・・・ポンヌフ
以前こちらでいただいたことがあるのが・・・ポンヌフというフランスの伝統的な焼き菓子です

それがPAINDUCEにありましたぁ、けどクロワッサン生地のパンです
e0142224_2346456.jpg


ポンヌフとはパリ市内を流れるセーヌ川にかかる最古の橋の名前で
セーヌ川にかかるルーブル美術館の近くにあって、1606年に作られたそうです。

ポンヌフといえばジュリエット・ビノシュ主演の「ポンヌフの恋人」(1991年ルオス・カラックス監督)
という映画をすぐぬ思い浮かべるほどで、ポンヌフ橋に住む孤独な青年と
失明寸前の女性の美しいラブストーリーであり、パリの風景がとても美しい映画です

お菓子の上にはポンヌフ橋をイメージした棒状のパイ生地をクロスさせています。

パンデュースのポンヌフはクロワッサンのサクサクにフランボワーズが甘酸っぱくきいてます

午後のひととき・・・ポンヌフがあいます・・・谷四にはまだるでしょうか・・・

e0142224_23553583.jpg

[PR]

by masoon3go | 2008-03-31 23:39 | PAINDUCE
2008年 03月 30日
香りに食べごろフエンネル丸ごと
e0142224_23214317.jpg

地中海沿岸から西アジアが原産のセリ科のハーブで、フェンネルとは、ウイキョウとも言うのですね。

これで横幅が15cm、たての葉の長さが80cmこえてますので、けっこうデカイのです

細い羽状の葉は魚料理の匂い消しやピクルス、マリネなどの香りづけに、
また種子はソーセージやパン、クッキーなどの風味づけなんかによく使われますけど
パスタの練りこみにつかっていたりもします。
根の近くにできる太くて大きな白い茎は、生食または茹でてサラダや煮込み料理などに
使われます。

フェンネルとオレンジのサラダ

     <材料>          
       フェンネル (中)1株   玉ネギ  1/2個   オレンジ  1個
       ディル (みじん切り)大1   白ワインビネガー   大2
       EXオリーブオイル 大3    塩コショウ 適量

     <作り方>
        ①フェンネルは白い根元をたてに切りにして、芯を取り除き薄く千切りにする
        ②玉ネギを薄い千切りにして、塩を振ってしばらくしてから水で洗い、絞っておく
        ③オレンジは皮を包丁で剥き、ひとつひとつ皮をはずして切り分ける
        ④ドレッシング・・・白ワインビネガー、オリーブオイル、塩コショウ、ディルをよく混る
        ⑤フェンネルと玉ネギを混ぜ、塩を少々かけ、オレンジを加える
        ⑥⑤に④のドレッシングをかけ、混ぜ、できあがり

        これにアジとかマグロの薄切りを加えてても・・・ワインにあいます
[PR]

by masoon3go | 2008-03-30 23:17 | 旬のレシピ
2008年 03月 27日
こちらも春の息吹が・・・このは
和食も春の食材と出会えるので、この時期のこのはのコースははずせません
e0142224_23321413.jpg


針魚とうど
e0142224_23324393.jpg


さごし
e0142224_2333877.jpg


オススメの日本酒
e0142224_2333475.jpg


めだいのあんかけ
e0142224_2334127.jpg

ふきのとうのから揚げが添えられてます

旬の春野菜と稚鮎の天ぷら
e0142224_23344132.jpg


花山葵のお浸し
e0142224_23352314.jpg


甘鯛のさくら蒸し
e0142224_23362655.jpg

若竹が歯ごたえもよく、さくら蒸しがなんとも節です

あさり鍋 
e0142224_23365790.jpg

これに生ワカメが添えられてます、出汁とものごはんもほしい

丸十
e0142224_233730100.jpg


ふきご飯
e0142224_2338165.jpg


3色饅頭
e0142224_23382421.jpg


やぁ~春を満腹です
[PR]

by masoon3go | 2008-03-27 23:58 | このは
2008年 03月 26日
Bon Voyage,ダージリン急行
e0142224_17194646.jpg


アカデミー賞をとったコーエン兄弟の『ノーカントリー』は、ノンストップの面白さに
トミーリー宇宙人の保安官よりも、悪人の二人がかなりの悪徳の美学!

これよりも少し前に見たのが、ウェス・アンダーソン監督の『ダージリン急行』
父の死をきっかけに3人の兄弟が集まり、インドを放浪するいわゆるロード・ムービー。
これがなんともアンダーソンの飄々たる家族物語であり人生模様でありのオフビート

ルイ・ヴィトンのマーク・ジェイコブスがデザインした大量のトランクとスーツケースが
「いつまで経っても自由になれない」象徴のようで、ラストのシーンには幸福感が漂います。

ミレーネ・カノネロの衣装もゴキゲンで、映画はいろいろなモザイクが丹念に描きこまれて
やがて明らかになる「ダージリン急行」の謎も、監督ウェス・アンダーソンの世界がその
ダージリン急行となって、次回またどこへ行くのやら楽しみな映画でした。

音楽は、60年代から70年代にかけてのMUSICが流れて、中でもローリング・ストーンズ
からベートーベンまで、音楽の旅でもあるようでした。
[PR]

by masoon3go | 2008-03-26 22:54 | MOVIE
2008年 03月 25日
緑がこゆい春キャベツいろいろ・・・(レシピ追記しました)
e0142224_11372631.jpg


ルールブルーで食べた春キャベツがおいしかったので、キャベツいろいろ仕入れました

ちりめんキャベツ、サボイキャベツとも呼ばれ葉がちじれていて、煮崩れしにくいので
ロールキャベツに・・・
芽キャベツ、ビタミンCが豊富でほろ苦い独特な味わい、煮込みやパスタに
黒キャベツ、カーボロネーロという名前で出ていて、これまた煮込みむき

それに、カロテン豊富なちじみほうれん草、これで悪玉コレステロールを撃退
からし菜、独特の苦味がなかなかおいしさです

ロールキャベツ
e0142224_22542215.jpg


     <材料> 2人前
       合びき肉 150g、玉ねぎ 1/2個、卵 1個、牛乳40cc、
       生パン粉 肉と同じのかさ(重さではなく量)、塩、こしょう、シナモン 適量

     <作り方>
      ①キャベツを固めに茹でて、水に放す。
      ②玉ねぎはあらいみじん切りにして、肉と合わせて、塩、こしょう、シナモンを入れ、  
        卵、牛乳を入れてよく練ります。
      ③よく練ったら生パン粉を加えてよ~くよく練ります。
        (調味料を先に混ぜるほうが味がよい感じがします)
      ④キャベツを大きな葉を広げて、小さい葉も重ねてます。具を60gくらいのせ
        巻いていきます。(ひとり2個分)
      ⑤鍋にスライスした玉ねぎ、ニンジン、セロリ、ベーコン少量を入れて、
        その上にロールキャベツを並べ、かぶるぐらいの水、ブイヨン、塩、こしょうを
        加えて、落としぶたをして煮ます。
      ⑥最初は強火で煮立ったら弱火にして40分コトコト・・・
        ソースはお好みで市販のデミグラスソースにケチャップ、ナツメグ、シナモン
        をお好みで。  


      
[PR]

by masoon3go | 2008-03-25 23:05 | 旬のレシピ
2008年 03月 24日
Le 5em Anniversaire★ルールブルー
25日で祝5周年を迎えられるそうで・・・・なかなかフレンチのレストランには足がむかなかったのが、
90年代後半ごろから、「ディーバ」「大西亭」「キュイエール」と続いて、21世紀・・・
野菜が満載のレストランとしてオープンしたのがルールブルーで、魅力あふれる熊本からの
産地直送の野菜が主役でもあることでした

その後は「ナガオウンダバ」「トゥールモンド」などなどお店も続々・・・

この日もルールブルーは、満席であのランチにして“予約の取れない”ことになっているようで、
定番メニューとともに旬のアラカルト・メニューが、ずらぁ~と


チェリートマトのコンポート
e0142224_14292485.jpg

シャンパンのあてとして作られたコンポートとピクルス

香川産ホワイトアスパラの冷製、エクストラゴンの入ったマヨネーズと
     いろいろな具と空豆、トマトのデュクセルを添えて

e0142224_14331376.jpg

これぞ極太の香川産、これから北へ北へと登場するけど、味はやっぱり香川さん!
今まで炭火焼きでしか味わえなかったフレンチらしい冷製、具とソースの食感がさらに美味

春キャベツのスープ
e0142224_1561823.jpg

季節のスープ、春キャベの風味がしっかりいかされてトロトロ

和歌山産イサキと広島産カキのロースト、泉州水茄子とグリーンアスパラを添えて
                    トマトの入ったバルサミコソース

e0142224_14394573.jpg

イサキの下には、大粒のカキ、おおぶりの茄子、それにアスパラ 
バルサミコのふくよかな味わいが、見事なハーモニーを演出しているような一体感が!

デザート 熊本産イチゴと金柑の白ワインゼリー
e0142224_14415976.jpg

ワインゼリーの味わいが実に爽快、イチゴの甘味に金柑の酸味がじんわり

ひゃぁ~!いつもながらにヴィジュアルにウットリするほどに、あっ!また食べたくなりますぅ

これからも南條シェフの家に遊びに行くスタイルに、和みを感じつつ進化もしつつ

美味しいものを味わう空間と時間を楽しく過ごすためのフレンチとして・・・祝★5周年
[PR]

by masoon3go | 2008-03-24 19:17 | ルールブルー
2008年 03月 22日
味わい深いインテリアとランチ
昨日のヴィジュアル一発でお分かりの南船場にあるBOCCIO(ボッチォ)でランチ
e0142224_23481583.jpg

ランチタイムの大混雑を外して1時過ぎなら・・・と思って行くと超ラッキーにも
4人掛けに広~いテーブルを独占してしまって、店内が一望できるポジションに
アンティークなランプに様々な椅子とテーブル・・・ウッドの香りがこの空間に収っています
そんな居心地のいい緩やかな時が過ごせるランチ・・・1200円

前菜 タチウオのオーブン焼き グァンチャーレとニンジンのピューレ
e0142224_23484076.jpg

e0142224_2349087.jpg

たんぱくなタチウオにソースの味わいがふか~いぃ

ソフトフランス
e0142224_23492665.jpg

供されるソフトフランスでお皿は真っ白に(笑)

パスタ 鶏ギモとトマトソース
e0142224_23495384.jpg

パスタは言うまでもなく、アッツアツゥ~!に絡むトマトと鶏の食感がじんわり広がります

エスプレッソと小菓子
e0142224_23503395.jpg

[PR]

by masoon3go | 2008-03-22 23:16 | BOCCIO
2008年 03月 21日
こちらも晴天ランチ
e0142224_18213052.jpg

[PR]

by masoon3go | 2008-03-21 18:21 | BOCCIO
2008年 03月 20日
今月のこの軽やか3枚
e0142224_23492970.jpg


Yael Naimの歌はテレビからMacAirのCMから歌声を聴いて、あのリフは耳に残ります
さっそくi-Tunsからダウンロードして、ヘビロしていました
そんな彼女に惹かれて、これがCM曲も入ったセカンド・アルバム

Jack Johnson
いつものような軽やかさと爽快感を併せ持ったリズムが、深みをもった味わいがあり
これは環境の変化とともに、ジャック・ジョンソンの音楽の進化が聞こえるアルバムかも

Jackson Browne
お待たせのアコースティツク・ソロの二作目。いい曲が連なって流れるラインは見事
[PR]

by masoon3go | 2008-03-20 23:59 | ♪MUSIC
2008年 03月 18日
午後の日差しのイートイン
天気がいいとテクテク散歩の距離もなげなく御堂筋並木を歩いてしまって、
カネマツ・ビルまで来て、右折・・・

スタバとかシアトルも座り心地はいいのですけど、イートインになるとあの甘い!のは?
こちらのイートイン・コーナーはいつもPAINDUSEのパンを2個、3個と食べる人がいっぱい

チョコバナーヌ
e0142224_1654899.jpg

サクサク・バリバリ折り込み記事にバナナがトッピング

ミカンパン
e0142224_16555450.jpg

ブリオッシュ生地にミカンがトッピングされてます

パンデュースは淀屋橋にレストランになった2号店をOPEN(いつかは未定)するとかで、
ただ今準備中とか、どんな料理のプロデュースが食べれるのか楽しみです。

こんな有名店も関西にやってくるとか、それなりにここは嬉しいかもです。
[PR]

by masoon3go | 2008-03-18 23:47 | PAINDUCE