<   2008年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧

2008年 06月 30日
まるでパリ?サブロンのバゲットたち
行列の末にあわただしくも買えたパンたち
e0142224_1832872.jpg


まるで“パリのバゲット”と思いきや・・・
e0142224_18353262.jpg

見た目にも硬そうなクラスト、いつものアソコのきめ細かいやさしい肌触りとは、ちと違う感じ
e0142224_18361425.jpg

バリッと中は、その香りをビクビクと鼻を動かしても瞬間的には酵母、小麦の香りは?
VIRONのレトロドールのような存在感のある“オールパリ産”でもないようなのです

味わいはバリバリときてぇ、気泡もそこそこ、これで酸味がぁ!と思いきや、甘~い!!!
これは北海道産の小麦にハチミツ、バニラだそうです、これは思っていた味より意外

エポートル 全粒粉のパン
e0142224_2013917.jpg

e0142224_2021355.jpg

こちらは酸味と粉の香りが出ています、これで840円!

ケシの実とシリアル付きのプティパン
e0142224_204419.jpg


プティブール
e0142224_20524100.jpg


プティコンプレ 全粒粉にオリーブオイル
e0142224_2061470.jpg


プティチャバタ・オ・ノア くるみ入り
e0142224_207135.jpg


これで全部でハウ・マッチィ!・・・・なんと1920円!
食べ終えた後のおいしさは?と問われると、インパクトには欠けるので旨味と香りには
いつものとこに!ですかね(笑)
[PR]

by masoon3go | 2008-06-30 18:47 | PAIN
2008年 06月 29日
こちらも行列!・・・ドミニク・サブロン
こちらが噂の「パリで一番」らしい、ブーランジェ・・・噂どおりの東京は赤坂の行列・・・

e0142224_173320.jpg


e0142224_1658893.jpg


パンの紹介は後ほど・・・ただ今編集中(笑)
[PR]

by masoon3go | 2008-06-29 17:08 | PAIN
2008年 06月 27日
パリッと炭火焼きランチ・・・イル・ブラチーノ
ランチから炭火焼きが食べられるガッツリ!を、ということでIL BRACINO イル・プラチーノ
この南船場もけっこうイタリアンの多いとこですけど、こちらは3月にNewOPENのお店
お店の看板は炭火焼=イルプラチーノ、そして天然ものしか扱わない!に誘われますぅ

e0142224_14222250.jpg


オフィスランチっていうのもメニューにありますけど、ここはやっぱり炭火焼きが食べられる
1890円のA(サラダ、パスタ、炭火メイン、パン、コーヒー)で・・・

但馬若鶏の炙り焼きとパルミジャーノのサラダ
e0142224_14295568.jpg

おぉぉーいきなりサラダといっても、メインなみのボリューム、こちらも炭火の香りが!

パン
e0142224_14303937.jpg

バゲットとパネトーネ風な食パン

無農薬の茄子のトマトソース 手打ち麺タリアテッレ
e0142224_14323463.jpg

最近のNewなお店は手打ち麺が食べられることがキーになってます
パスタは3種類の中から選べて、イワシのビアンコもあったけど、茄子のトマトソースに

炭焼きメイン 天然真鯛とホタテ貝柱の炭火焼
e0142224_14351558.jpg

串刺しされた真鯛からタラ~っと脂が炭火に落ちて、炎がボワーッと!なんてところは
炭火焼ならでは光景が、目の前で展開されていると、食欲そそります
もちらん鯛の鱗はパリパリッ!添えられているズッキーニなどもトロロ~ッのおいしさぁ!

これにコーヒーかエスプレッソ、プラス300円でドルチェ

ワンランク上がると3150円で、スープ、前菜、パスタ5種からと炭焼きメインは3種から
パン、コ^ヒー、ドルチェというコース仕立てなので、土日ランチ向きかもしれません
[PR]

by masoon3go | 2008-06-27 14:55 | イタリアン
2008年 06月 26日
式部も好き?だったイワシ
最近イタリアンで鰯づいてますけど、文字通りではけっしてなくて、EAPとかDHAが
豊富でけっこう人気者であります

脂が多くて新鮮なのは、獲れたてをタタキや刺身にして食べる!にこしたことなしですけど、
それはそこそこ贅沢な処でないと難しいかもで、イタリアンになってもそこそこ美味しいです

オープンテラスのあるトラットリア・ドッピオゼロ
e0142224_12364242.jpg

手打ちにイワシとくれば即けっていぃ!すぐ近くにある○○周年のイタリアンも気になるが・・・

前菜の盛り合わせ
e0142224_12424718.jpg

イカ墨のリゾットなんぞも入って、ボリューム満点!
しかしぃ、今まであったフォカッチャがなくてブルスケスタがちょこっと・・・

イワシとアサリのほんのりトマトソース
e0142224_1335127.jpg

紫式部いわく、脂ののったイワシの身の味には「まいらない人」はいないだろう!ですぅ

シャーベットはプラス100円
e0142224_1375654.jpg


土日限定の温野菜のランチも気になるところ・・・コールラビなんてのも入ってるようです
[PR]

by masoon3go | 2008-06-26 13:12 | イタリアン
2008年 06月 25日
DIVE!!
e0142224_11385478.jpg


スポーツ物としてはマイナーな部類に入る「高飛び込み(ダイビング)」を、
森絵都が登場させた3人の高校生ダイバーは、その鮮やかな個性が映像となって
一瞬に翔ける醍醐味が、爽やかな青春となっているのがこの『DIVE!!』

いやぁー久々の日本映画の快作です。

映画館には、主演の3人のアイドル目当ての女子高生とか女性がほとんどで
原作を読んで見に来ているのは!なんだかまじで肩身の狭いオッサンがひとり、
こんなとき座席指定はつらいものが・・・あ~ります(笑)

その3人とは「タッチ」の林遣都、「風林火山」に出ていた池松壮亮、「花ざかりの君たちへ」
の溝端淳平、なんとなく名前は知っているものの、見る前の不安は座席に座ってから増大、

しかし、不安は映画が始まると同時に、このイケメンらがあの原作のキャラを演じているのが、
なんと素晴らしいこと。

この3人が実際に10mの飛び込み台からまじに飛び込んでいるし、さらに映画のため
かなりのトレーニングを積んだような腹筋、さすがにこの腹筋とドラマのココロの揺れには、
それぞれの自分らしく生き生きとしているのところが、もはや映画は感動のラストまで
飽きることなし

映画は巧みな省略法で、あっさりと刻み込み、シンプルに競技に絞り込んで、
3人のごまかしのないダイブ映像と、カメラワークで眩しいばかりの爽快を表現しています

ひさびさぁ~の日本映画の快作は上半期のベスト・ワン!かもです
原作もあわせて読まれることをオススメしますぅ
[PR]

by masoon3go | 2008-06-25 12:31 | MOVIE
2008年 06月 22日
NESSO"WITH"コンサート
この日はいつもながらに梅雨空の合間をぬって、シュクレへ
相変わらずの行列にならんで、予約分をゲット!!
イートイン席も満席(といっても最大4席)だったので、すごすごと帰るべくお店を出ると
シェフが「焼きあがったので・・・」と、外の空気を吸いに出てこられたか?立ち話を

火曜日からは韓国へ「ハード系パンのセミナー」出張とか、仕込みして講演の2泊3日!
さらには、今週の土曜日には「モモコのOH!ソレ!み~よ!」(KTV・土曜日2:55放送)
シュクレが登場するようで。(これはすでに収録済み)
訂正、今週ではなくて7月5日土曜日「モモコのOH!ソレ!み~よ!」(KTV13:55~14:55)放送でした

あれやこれやと5年分のビジョンの話を聞いていたら、あっというまに30分おきの「JR岸辺」
行きが、気がつけば2台は通り過ぎて!いきましたぁ(笑)

いつもながらにシェフの思いは、梅雨空も晴れ飛ばす快晴模様ですぅ

e0142224_12213945.jpg


その後は、梅田であるFleurs de Pêche(フルール・ドゥ・ペッシュ)のコンサート
e0142224_180453.jpg

ブロ友?ガ~ン友?もしくはマイミクのゆりりんこ。さんのユニットのライヴです

「なんかの、○○がてらにどうぞ」と、言うことだったので、シュクレがてらにのぞいてみました(笑)
「エリlック・エワイゼンとゆう作曲家のバリッとした演奏も・・」だったのですが、遅れて入ったので
肝心の曲はきけなくて、第二部の童謡とかポップスの聞きなれたのをじっくりと♪

終了後には、シュクレがてらだったので、差し入れはシュクレ!(笑)
ゆりりんこ。さんも思わず差し入れに「シュクレやん!!!」と、それで誰かもわかったみたい?
かな?かな?・・・・でしたぁ
[PR]

by masoon3go | 2008-06-22 23:36 | ♪MUSIC
2008年 06月 20日
新世代フレンチの注目は・・・ラ・ベル・ヴィ
e0142224_13185132.jpg
ランチで今年の上半期NewOPENした中で
イタリアンとしては西天満のノガラッツア!

ならばならばで、フレンチ部門ではこちら
赤いビストロ“ラ・ベル・ヴィ”ですかね

Newフレンチの中でもランチとしては、
どこもメニューが比較的似たり寄ったり
が多い中、食欲をそそる数少ないかも

前菜、スープ、メイン、デザートと、いろいろ技を
こらしているところがランチとしては注目です




赤いソファーのところから・・・
e0142224_13381466.jpg


本日のランチ 1050円
冷製じゃがいものスープ
e0142224_13401359.jpg


プティパン
e0142224_13404445.jpg


前菜(+500円) 
トビウオのマリネとトマトサラダ
e0142224_13431359.jpg

トビウオの下にはごろごろトマトにグレープフルーツ

メインは、牛タンのアリサ風味
e0142224_13454678.jpg


コーヒー
e0142224_13462416.jpg


こちらは、しっかりフレンチそうでいて、どこか軽やかな優しいビストロの感じを受けるので
かなりの好みかも、ディナーデビューもしなくては!です。
[PR]

by masoon3go | 2008-06-20 13:55 | フレンチ
2008年 06月 18日
やっぱりガ~ンディナーは・・・旨し
リピート率の高いランチですけど、ディナーはゲストのリクエストもあって、Xmas以来
華やかな夜です(笑)
なんといっても一皿に盛り込まれる食材の味とコントラストは、見て食べてを楽しませてくれますぅ

まずは、泡ぁ~ ブリュットレゼルヴ
e0142224_1438524.jpg


前菜の盛り合せ
e0142224_15164316.jpg

この一皿は超美味盛り合わせ、味はもちろん見た目も美しいぃ

城下かれいのカルパッチョ
e0142224_15175981.jpg

繊細なかれいは極上

海の幸(サザエ、トリ貝、甘エビ、ズワイガニ)の冷製カッペリーニ
e0142224_15194910.jpg

カッペリーニの中にある海の幸にオドロキィ!これでもかと!

アオリイカのグリル サルサカンパーニョラ
e0142224_15213943.jpg

アオリイカのねっとりとした美味しさにインパクト大!

アワビとホワイトアスパラのクレマ コンソメのジュレ
e0142224_15232412.jpg

こちらは定番のクレマにアワビがド~ン!

オリジナルのウイキョウのパン、バゲット、グリッシーニ
e0142224_15242286.jpg

ウイキョウ好きにはウマウマのパン、料理とのバランスもとれた3品

ズワイガニとフルーツトマトのキタッラ ブッツァラ風
e0142224_15261653.jpg

ズワイガニのふくよかな旨味と、フルーツトマトの爽やかさが見事に調和したキタッラに感激!

金時イワシとウイキョウのカバッテッリ
e0142224_15275698.jpg

「今日のイワシはオススメ!」ということで、靭の某イタリアンで食べた塩辛イワシを思い出すも
「イワシそのものの味で・・・」と言われれば、魅かれてしまう味わいにこれまた感激!

八幡浜産の白甘鯛のウロコ焼き バジリコ風味
e0142224_15295119.jpg

甘鯛は白が一番、赤が二番、黄が三番というぐらいに、美味しいようで、そのウロコを
見事に皮をパリパリにしてサクサクの食感、旨味がじんわりですぅ
脇役のソバージュ、黄ニラ、うすいえんどうなどなど、こちらもしっかり者!

デザートの盛り合せ
e0142224_15312971.jpg

桃、バナナ、パンナコッタ、スィートトマト!なんと楽しい一皿、お祝いもかねているので
ゲストは大喜び(笑)

あらゆる部分でセンスはいいし、クリエイトされているのが嬉しいアルバロンガです
すべての料理は食べた時のインパクトがあって、それは塩が強いわけでもなく、ソースが
濃いわけでもなく、素材の旨みにクリアな味が特徴なんでしょうね
[PR]

by masoon3go | 2008-06-18 18:27 | アルバロンガ
2008年 06月 17日
かわいいシンボルマークは、トレ・ルマーケ
TRE LUMACHE(トレ・ルマーケ)のシンボルマークは黒板メニューにもあるようにかたつむり
e0142224_1113941.jpg

なぜにトレ=三匹なのかは、よ~くわかりません(スタッフが3人だからでしょうか?)

お店の中にもルマーケを発見!!
e0142224_11133433.jpg

ワインのラベルにも
e0142224_11141577.jpg


前菜のサラダ
e0142224_1115995.jpg


本日のパスタ
茶美豚バラ肉と新玉葱のソース和え 自家製タリオリーニ

e0142224_11173396.jpg

ルマーケのタリオリーニはしなやかにして、茶美豚のゴツ切りがしっかり絡んで新玉ソース
の甘味と三重奏♪の感じ

本日のドルチェは追加で300円、コーヒーは100円
e0142224_11182831.jpg

パイナップルにマンゴーも入ったパッションフルーツのジュレがけ

こちらのランチは1種類しかないので、ドルチェはゆったり気分で何が出てくるか?の
楽しみもあるので頼んでしまいますぅ、いつもながらにグゥー(笑)
[PR]

by masoon3go | 2008-06-17 11:30 | イタリアン
2008年 06月 16日
ばってん茄子のトマトソース
食べごろのばってん茄子、気がついたら毎日食べてます(笑)

で食べたり、エスニック風のサラダにしたり、アンチョビとソテーにしたり・・・

中でも気にいっているのが、これです↓

ばってん茄子のトマトソース
e0142224_9215331.jpg

     <材料>
       ばってん茄子、EXオリーブ油、生ハム(ラルド)
       塩、バジルの葉、イタリアンパセリ     



    <作り方>
      1. ばってんなすは皮をむき、ヘタを取る。
        フライパンにオリーブ油を加えてナス入れてて焼きます。
        ペーパータオルで余分な油をふきとり、たっぷりめの塩をしてしばらく置く。
      2.ピューレにしておいたトマトにE.Vオリーブ油を少し加えて乳化させ、ソースを作る。
      3.ナスから出てきた水分を拭き取り、スライスした生ハム(あればラルド)を巻く。
       ここではさらに焼いてますけど、そのままでもOK
      4.皿にトマトソースをひき、生ハム(ラルド)を巻いたばってん茄子をのせ、
       バジル、イタリアンパセリをのっけて出来上がり!

ばってん茄子はアクがないので塩水に浸す必要ががなくて、焼いてから塩をふります
もともと「生のリンゴの味」がするので、この美味しさを生ハムとともに味わうのが楽しみ!

生ハムとかラルドとかも、kusudaあたりのいかにもおいしいのがあれば、
それを巻くだけでウットリものかもしれません

kusudaは来週4周年だそうで、いろいろ楽しみなオリジナルのバールも登場のようです
久々に六甲に行かなければ・・・・(笑)
[PR]

by masoon3go | 2008-06-16 01:17 | 旬のレシピ