<   2008年 08月 ( 22 )   > この月の画像一覧

2008年 08月 30日
九月になれば・・・    (更新しましたぁ)
ルールブルーからのお知らせが・・・
e0142224_23271433.jpg


と、言うのもご存知だと思いますけど、彼がこの九月から修行の地へ旅立つそうです

e0142224_23304349.jpg


その地はベルギー!1年になるのか2年になるのか?

いつか必ず大阪には「帰ってきますから・・・」と、嬉しい言葉・・・

アミューズの小前菜 タコと南仏野菜の煮込み
e0142224_2194564.jpg


シャンパーニュにピッタンコのチェリートマトのコンポート
e0142224_21101019.jpg


タケウチさんのパン
e0142224_22471213.jpg


明石の小タコと白玉という小さな帆立貝、スィートコーン
         ドライトマト、だだ茶豆のマリネ、エストラゴンの香り
e0142224_22492877.jpg

小さなドラゴンの爽やかさがこの素材の良さを盛り立ててます
このハーブ使いはルールブルーならではの真髄か・・・

熊本直送お朝市野菜のバターソテー
e0142224_22503895.jpg


本日の魚(甘鯛)と帆立貝のソテー 島オクラ、ズッキーニ、たもぎ茸のロースト
           とルッコラ、セルバチコを添えて、バーニャカウダソース
e0142224_2255589.jpg

e0142224_22552758.jpg

ばかでた白身の繊細さに、香草とバーニャカウダによって旨味がグゥ~んとアップ!
スーシェフ渾身の逸品!

ピーチのシャーベット
e0142224_2256108.jpg


この日からサービスの女性スタッフが加わり、九月からはシェフと2人体制に・・・

ちょうどスタートの年が、奥さんと2人だったので、あの頃のように?かと思ったりしますけど
あの頃は、貸切!っていうのもありだったけど(笑)
今や今や「いつだったら空いて・・・」ですから・・・

シェフいわく「スタッフがいなくなっても、年に一度のOOはやりますよぉ~」だそうです
[PR]

by masoon3go | 2008-08-30 23:33 | ルールブルー
2008年 08月 28日
ガ~んとも!とやっとこさのランチ
去り行く夏と思いもしないある日・・・この方とランチ
そう、あの火曜サスペンスの女(ひと)と1年半ぐらい前のお約束・・・

・・・それはまだ細々と、アルバロンガ!記事をアップしてると、こんなコメントいただいてましたぁ!

『 あいーーん、アルバロンがーーーーん!!!!
masoonサンったらなんて罪な方★        』

      ガ━━ΣΣ(゚Д゚;)━━ ン!!・・・となっ!!ガ━━━(´OдO`|||||;)━━━ン!!!!
      うわぁ~~とな、ではご一緒に・・・・・とかなんとかでした。

と、言うわけで、ガーンとも(希望)に・・・でアルバロンが~ん(©ゆりりんこ。)と命名

そしてこの夏、デビューされましたぁ(笑)

前菜の盛り合せ
e0142224_8122276.jpg

万願寺がでかぁー!

嬉しいサービスも、イタリア産アンチョビ
e0142224_03860.jpg


この夏のクールビューティー
e0142224_015885.jpg

こちらもでかぁーの生ホタテにスィーツトマト、このジェノベーゼは夏の思い出に

メインは、サワラのムニエル ケッパーベターソース
e0142224_053031.jpg


デザートは桃づくし、ソルベにコンポート
e0142224_064779.jpg


カプチのツーショット
e0142224_813337.jpg


めでたし、めでたし(笑)

ひとりでランチをしても、ゴキゲンに帰りのEVが地上に着地するまで、気分は?
いつでもウルトラGなんですけど、これがガーンともとならば、料理はさらに楽しく
食べられるのもなによりです。

この方のご感想は?・・・たぶんブログで紹介されるかもですけど、たぶん2~3ヶ月先ぃぃ
[PR]

by masoon3go | 2008-08-28 23:53 | アルバロンガ
2008年 08月 27日
“そよ風”という新しいスポット・・・ブリーゼ
梅田の街並みもでっかいクレーンが立ち並び、あれぇ、昨日とまた違った風景が・・・

ブルディガラでイートインしていると
e0142224_8534271.jpg


あの彼方にひかりが見えますなぁー
e0142224_8544548.jpg



e0142224_8574020.jpg



ブルディガラのガラス文字のむこうに“BREE・・・

















ここがブレーゼ・タワー(詳細はコチラ・・・
e0142224_8582871.jpg

ハービスと地下でつながっています、む、む、む西梅田の地下街も便利になるかなぁー
[PR]

by masoon3go | 2008-08-27 23:49 | カフェ
2008年 08月 26日
夏の日のカンティーヌ
30度をきるとさすがにまだ8月だというのに涼しいぃ、しかしこの日のランチは
まだまだ暑ジィィ~昼下がりの肥後橋・・・

玉水記念館!今月の催しに徒然亭草原が、いや桂吉弥、登場!
e0142224_2375474.jpg


向かったのは・・・南蛮亭を通りすぎて、ルールブルーを見ながら・・・食べたいなぁー

西へ、西へ・・・おやじ街道を歩くと
大阪教会のすぐおとなりのカフェのようでいてフレンチの食堂 カンティーヌ
e0142224_2312522.jpg


む、む、む、この空間はROUKALA LOKKIって噂されるだけのことはありぃです
窓際の席がポカポカそうでいて、居心地よさそうでしたけど、すでに・・・

鶏のモモ肉のパン粉焼き、マスタード風味
e0142224_23223670.jpg

パン、スープ、サラダが付いて900円 
パン粉で埋もれるぐらいのヴォリューミ~~~♪

12時を過ぎると満席の人気度高いです
[PR]

by masoon3go | 2008-08-26 23:27 | フレンチ
2008年 08月 25日
水茄子の冷たい素麺したて
まだまだ水茄子のお世話になっていますぅ、ガスパチョに水茄子は相変わらず朝食で
夜なんかにはピリエ直伝の「アジと水茄子のカルパッチョ」

ではでは、ツルッと爽やかな甚助の太素麺を汁蕎麦気分で中華風にアレンジです。

水茄子の冷やし中華
e0142224_23565610.jpg


瑞々しい泉州の水茄子、ナスはニンニクと和えて、熱々の油を振り掛けて、香菜とともに
和えて冷やしておく。

鶏がらスープに塩、砂糖、コショウ、醤油、酢を少々いれてお好みの味にして、こちらも冷やす

甚助のかたくり太そうめんを人数分用意して、茹でて冷やす

器に中華スープ、そうめん、そして水茄子の和え物を上から飾る

夏のしめにはもってこいの一品。
[PR]

by masoon3go | 2008-08-25 23:51 | 旬のレシピ
2008年 08月 24日
レゴ。で作った世界遺産。そしてランチる♪(笑)
福島の新スポット「ほたるまち」にある堂島リバーフォーラムで催されているレゴ。展
今月の31日までなので、涼しいランチ時に・・・と言っても夏休み子供で満員!

e0142224_22505890.jpg


e0142224_2251415.jpg


で、ランチはCROSS WALKになるんですけど、さすがにファミレスなみにごったです
まぁ、目的地は朝日放送の西側にあるシュルプリーズ!です、パスタが意外に○

前菜は、完熟トマトのソルベから未来コーンのポタージュとアイスクリーム!!

e0142224_22562058.jpg


未来コーンも選択したいけど、季節野菜のサラダも味わっておかねば。
自家製のオニオンドレッシングで
e0142224_2243229.jpg

普通の感じの葉サラダにドレッシングは美味
しかし、ここは+200円でも未来コーンがソラリスです

e0142224_22433658.jpg


今日は甘鯛の鱗焼きにかなり心が揺さぶられたので、お魚コース1680円
e0142224_2235299.jpg

ボリュームたっぷり、グリーピースのリゾットにたんまり野菜のトマト煮がついてます

パスタは平アジと京水菜のスパゲティ ディル風味ってのがディルとオイルの絡みが
なんともみずみずしいぃ~感じでした。

こちらはワインを気軽に飲むところでもあり、食前のシャンパンも泡立ちが最後までキレイ
でした。
[PR]

by masoon3go | 2008-08-24 22:57 | enjoy
2008年 08月 23日
ついついイタリアン・・・マルカッサン
朝晩はかなり過ごしやすくなってますけど、突然の雷雨にはやはり困りモノ・・・

この日は、朝からしょぼしょぼ日和で、オリンピックの野球!が気になるところですけど
(もはや!もはや!の気持ちで録画もなしぃ、なんせ崩壊していますから・・・)

ヤボ用で天満橋と谷4のあたりをウロウロ・・・そうすると誘われるのがこちらのメニュー

ランチは1種類しかありませんけど、この盛り合わせがイイ感じ
e0142224_17304488.jpg


マルゲリータ
e0142224_17361890.jpg

これにハマッているかもしれません

誘われたのはぁ!コレ! 自家製クリーム・コロッケ
e0142224_17365559.jpg

アチィ、アチィのほやほや

枝豆のサラダ
e0142224_17445532.jpg


クルミのプチパン
e0142224_17454667.jpg

クルミにメがないので好みかな

海の幸と山の幸のスパゲティ
e0142224_17481861.jpg

具沢山に細麺、やわらかあっさりトマト風味がアヂアヂィ~!で、これまた好みかな

エスプレッソ
e0142224_174942.jpg


豪雨の中でもランチタイムは満席でした、意外にこの辺りは激戦区であり、
スィーツだけでも3軒あるし、イタリアン、フレンチもいろいろ・・・まぁーご近所さま
ご用達のようでいて、ついついって感じのマルカッサンでした

料理はベテラン・シェフの味だし、サービスは?と言えばせっかち系ですけど、
抜かりはない感じなので、多くはのぞみません。
ほぼ不定休らしいので、近くにあれば行ってしまうかなぁ~です。
[PR]

by masoon3go | 2008-08-23 23:21 | イタリアン
2008年 08月 22日
森きくお展のお知らせ
どこかのファッション雑誌の雑貨のページで、オヤァ!と目がテンになったのが出会いです

南堀江にあるその掲載されたお店は、マンションの一室でいろんな雑貨が売られていて、
ランチで蕎麦が食べられる、いわゆるカフェのようなとこでした。

オヤッ!と思ったのは、たまたま壁にかけられていた“蓮の絵”
これが森きくおさんとの最初の出会い・・・それから森さんが活動拠点をバリ島へ・・・

バリ島からの絵はこちら

たびたび日本でも展覧会は催されていますが、この9月に奈良であります。

e0142224_10281975.jpg


2008年9月3日~28日まで
開廊時間: 12:00~17:00  (月曜日、火曜日休館)

喜多ギャラリー 奈良県大和郡山市額田部南町413
TEL: 0743-56-0327
[PR]

by masoon3go | 2008-08-22 23:30 | enjoy
2008年 08月 20日
MIYAKOJIMAでランチ
真夏の天神祭りや桜見物ができる大川にかかる北区と都島区を架かる都島橋
北区はたこ焼き天国、都島は焼肉天国、食べるところには困らないものの???

その麓には今までにも、元大リーグの高津投手のイタリアンがあったり、眺めはいろいろ
変わって行ったのでしたが・・・

そして、新たに登場したのがカフェ・レストランMIYAKOJIM
まぁーご近所さまご用達のお店の趣きですが・・・  ひょっとしたらの感じも
e0142224_2054882.jpg

天井は高くてテーブル席が3に楕円形のテーブルは桜シーズンにはもってこいの感じ

そして、そして、野菜が契約農家かからの直送だとかで、ヴァーニャカウダがアラカルトで
ランチは、野菜、パスタ、魚の3種類
スープ、サラダ、パンorごはん、がそれぞれつきます
e0142224_2114550.jpg

e0142224_2124854.jpg


ランチメニューのひとつ
和歌山の契約農家直送の、盛りだくさんチキンサラダ ジンジャーソース
e0142224_2105750.jpg


もうひとつ白身魚のムニエル トマトソース添え
e0142224_2153676.jpg


うれしい食後の野菜ジュース
e0142224_21121258.jpg

レッドキャベツだそうです

コーヒーはプラス150円
e0142224_21135153.jpg


大川沿いには遊歩道もあるので、住民の人にとっては新しい顔は大いに楽しみ・・・
[PR]

by masoon3go | 2008-08-20 21:33 | イタリアン
2008年 08月 18日
♪ポニョ ポニョ ポニョ さかなの子・・・
さかなの子ポニョは、なんとも凛々しくてカワイイではないですか、魔法の世界。

e0142224_8373775.jpg


宮崎アンメの主人公の女の子は、とにかくトキメキの表情がとにかくイイ
それにブログのタイトルにまでしてしまった、あのフニャフニャ、プルルン冷え冷えとした
トコロテンならぬ、クラゲに乗るピニョが流されていくのがLOVEの世界ちゅうのもイイ

CGが氾濫する中で、やっぱりレイ・ハリーハウゼンの手作りの世界がいいし、
21世紀のキングコングなんてのは感情移入できませんものね。

アニメの世界もどんどんCGアニメが幅を利かす中で、宮崎アニメは見事に手描き!
それも今までとは違った、温かみのある絵ざわりのする感じがとてもいい、昔ながらのセル!
CGでは出せないゆったり世界。

それに宮崎駿のお得意の「ボーイ・イーツ・ガール」、それに「母と子」のお話。
さらにさらにと繰り広げられる、アニメならではの「こんなことできんの」の展開が
胸騒ぎするほどドキドキさせてくれます

それは、丁寧に丁寧にコンピュータで計算されるのではなく、そのあくまでアナログ的な思考回路で
宮崎駿の存在感が映画の中に波打っています

あの「人魚姫」を思わせるテーマが潜んでいて、、画面を見ているだけで説明不要の映画。
ここは宮崎アニメの語り口は、現代の「人魚姫」世界を作りあげたかのような・・・
相変わらずのファンタジーでした。

時間があれば今一度この映画の世界に身をゆだねたい。
[PR]

by masoon3go | 2008-08-18 08:20 | MOVIE