<   2008年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧

2008年 09月 30日
九月の薬膳コース・・・桃谷楼
夏も終わろうかなぁーという時、夏バテを知らない胃腸たちも、薬膳なんかで保養?
してあげるのも・・・なんて勝手に考えているのですけど、食欲の秋!であります

延寿薬膳コースは女性向けの美容と健康のコースですけど、男性も50%の入り

ファースト健康ジュース
e0142224_11134669.jpg

オレンジと黒酢、本来はほうれん草とミントだそうです

龍眼肉エキス入り蜜漬け鶏肉の焼き物
               中国茶スモーククラゲ・三つ葉・ズイキ・クコの実ソース和え
e0142224_11171348.jpg

この鶏さんは奥の深い味わい

ビーツの当帰入りスープ
e0142224_11174325.jpg

山薬、サツマイモ、ビーツ、当帰の入ったスープだそうです、ビーツが好き


海老と蓮子・セロリの紅花炒め
e0142224_11202420.jpg

紅花は滋養強壮・疲労回復、蓮子は不眠、セロリは精神安定・頭痛・食欲不振だそうです

牛ホホ肉の肉桂・甘草・八角・山椒の煮込み、有機野菜と大和茶入り中華パン添え
e0142224_11214851.jpg

中国パンに牛をはさんで、ガブ~リ!なんとも贅沢な気分

天然カキの殻の粉入りお粥
e0142224_11233973.jpg

カキの殻とはめずらしい、骨粗しょう症、イライラだそうで、ゆり根も入って、神経が落ち着き
こちらもイライラ、動悸などを鎮めるんだそです

デザートは、バニラアイスとジンジャーシロップ

なんか食材の効用を聞きながら、味わうのもありがたみのある感じです

ヒルトンから見た大阪駅・・・みんな24時間働いているのですかねぇ
e0142224_1129023.jpg

[PR]

by masoon3go | 2008-09-30 11:04 | 中華
2008年 09月 29日
ニヒルにしてブルーアイの魅力・・・ポール・ニューマン
ニヒルでいてどこか春風のようでいて、ユーモアに満ちたヒーロー、そしてブルー・アイ

あの暴力的ではあっても、あのかすかな笑顔がどこかユーモアになじんだ味のあるのが、
心から愉しんでいる感じが魅力・・・ポール・ニューマン。

デビューの頃の「傷だらけの栄光」「ハスラー」「左きゝの拳銃」では、どこか当然のことながら
ニヒルな青年のイメージしかなく、この頃は、同じアクターズ・スタジオのマーロン・ブランドの
そっくりさんって感じで、ジェームズ・ディーンの風情もブランド的。

この同期の3人の登場によって、知的で翳りがあって都会的、神経的な苦痛を自我に持つ
ヒーローとして活躍した、ヘンリー・フォンダとかグレゴリー・ペックなんかからの世代交代が
おこなわれたヒーローたち

中でも「ハスラー」はモノクロ画面の煙草の紫煙がたちのぼるビリヤード場の雰囲気とともに、
ポール・ニューマンの敗北してゆく姿を描くアンチヒーローの初期の代表作です

「栄光への脱出」「暴行」(あの羅生門のリメイク)「太陽の中の脱出」の頃は、ベトナム戦争時代
の屈折した良心を反映していた、苦悩するアンチヒーロー。

そして「脱走大作戦」「引き裂かれたカーテン」のおとぼけヒーロー。

そして、そして、「暴力脱獄」「動く標的」「明日に向かって撃て!」「ロイ・ビーン」のやさしさと、
したたかさにガッツがあふれるヒーローの大傑作たちたち・・・

e0142224_9102837.jpg


マイベスト3は、泥酔してパーキングメーターを壊したことから刑務所に入り、ひとのいやがる
労務をつとめ、ゆで卵50個喰いのバカげたゲームにうつつをぬかし、半殺しの目にあいながら
も脱獄をくりかえし、最後にはニヤッと笑って死んでいく、あのクール・ハンド・ルークの「暴力脱獄」
が一番ですかねぇー

そして60年代の傑作探偵ものとして「動く標的」。
ロス・マクドナルドの原作で「ポイントブランク」と並ぶ60年代のハードボイルドの代表作。(この映画以降、私立探偵は影を潜め、刑事たちが表舞台へと移行)

そして3本目は、アメリカン・ニューシネマのヒーローとして「明日に向かって撃て!」!

このブッチとサンダンスの生き方に心を揺さぶられた人が多かったのではないでしょうか
追っ手に必用に追われながらも二人は生き方を崩さずに、常に夢を追い続けるあの姿
有名なストップモーショションのラストシーン、それにバート・バカラックの音楽がいつまでも
心に残るのでした。

合掌。
[PR]

by masoon3go | 2008-09-29 23:15 | MOVIE
2008年 09月 28日
週末限定ランチはヴェントラータ
扇町と天神橋筋商店街の界隈は、ほぼ食堂街って言ってもいいぐらい、いろんなジャンルが
軒をつらねています。

その中でもイアリア料理のヴェントラータに平日ランチの情報があって、なんと700円
のパスタランチと驚いてましたけど、この辺りでは激安競争のようです
e0142224_22305897.jpg

けど、やっぱりメインつきでないとバランスが、いまひとつなので週末限定ランチに。
e0142224_22162477.jpg


前菜盛り合せ
e0142224_2217261.jpg

自家製の豚のゼリー寄せ、ローストチキン、ラタトゥユ、ワカサギのフリットの豪華盛

自家製フォカッチャ
e0142224_22185333.jpg

ひと味ちがいますなぁー、なんと言うかカステラチック

ナスのトマトソース ペコリーヌチーズかけスパゲティー
e0142224_2218710.jpg

このヴォリュームにしてナスとトマトが絶妙の絡み合い!

イサキのムニエル レモンバターソース
e0142224_22193680.jpg

ムニエルの定番ソースにイサキが肉厚であるので食べごたえありぃ~
後方にあるタマネギのキッシュも技あり

デザート四種盛り
e0142224_22201737.jpg

いちぢくのコンポート、洋梨のゼリー、和栗のプリン、バジリコアイスクリーム

エスプレッソ
e0142224_2221364.jpg


なんと豪華な2000円の週末限定ランチではあ~りませんか!
この辺りのイタリアンとしてはダントツのコスパとおいしさでしたぁ!
[PR]

by masoon3go | 2008-09-28 22:42 | イタリアン
2008年 09月 26日
岡山名産そうめん南瓜
先日、アルバロンガで食べてから、実物にお目にかかりたいぃぃと、思っていたら
見つかりましたぁ!

そうめんかぼちゃ!
e0142224_23443167.jpg


ウリ科カボチャ属のペポカボチャの一種だそうで、ズッキーニなんかに近い仲間ですかね。
そうめんかぼちゃ、の名前で有名で、金糸うりとも呼ばれいて、ゆでると果肉がそうめん状に
ほぐれる大変珍しい野菜!

で、さっそく「そうめんかぼちゃのゼリーよせ」
e0142224_23475180.jpg

e0142224_23482559.jpg

[PR]

by masoon3go | 2008-09-26 23:52 | 旬のレシピ
2008年 09月 25日
西天満、NewOPEN!あと2日情報!
西天満のいつもの食べたいタリオリーニ!
e0142224_22534013.jpg

今日のは、地鶏もも肉と野菜のタリオリーニ
このタリオリーニはモンクなし、もう一種の赤ワインで煮込んだボロネーゼのスペゲティも
魅力的、シェアしている人が羨ましい!

栗のクレームブリュレ
e0142224_22542424.jpg

中はモカ!これまた魅力的

で、で、かねてより噂のビストロがこのあたりにオープンとか!?
そう、シュクレのHPでもお知らせがあったとこですぅ

西天満公園の西側!・・・ありましたぁ!・・・準備中
e0142224_23185335.jpg


Rendez-Vous des amis (ランデヴー・デ・ザミ)
e0142224_22551414.jpg

店名は“友人との約束”だそうです、気の合う仲間、大切な人と過ごす約束の場所ですかね
9月27日(土)オープン!

店前にある木製の椅子には告知のチラシが・・・
e0142224_2256428.jpg

e0142224_22565693.jpg

ランチは、4皿からなるコースで2300円
夜はアラカルトになっています、さてさてオープンが楽しみなビストロです


ランデヴー・デ・ザミ
大阪市北区西天満5丁目-10-16
TEL&FAX 06-6362-1575

ランチ/11:30~14:00
ディナー/17:30~21:00
不定休
[PR]

by masoon3go | 2008-09-25 22:50 | フレンチ
2008年 09月 24日
ワインのあるブランチ風景
西梅田もヒルトン~ハービス~ブリーゼと、人の流れもかなり変わってきたかなぁー
と、思います。

ちょい前までは人通りがまばらで、誰が計画したのかこんな地下!なんて思うぐらいで
あのチェ・ホフマンとか琴欧州とか歩けるんかいな?と思わせるぐらいでしたけど、
最近はやたらとファミリーの姿も、よく見かけるようになって一安心、それはこちらでも・・・

ハービスの2Fにあるエノテカ・カフェ!
e0142224_16145159.jpg

ワインショップとしては全国区のお店、奥にはカフェがあって居心地度満点のとこ

休日には2時、3時にランチを食べる人も、90%はワイン好きな女性の方、男性はちらほら
年配のひとり初老の人は、だいたい端のカウンターで女性スタッフとおしゃべり

この日はちっちゃい子供連れのママさんがばらばらに3組も、ちっちゃいながらも大人びた感じ
最近はこんなもんですかね、ママさんはもちろんワイン、子供はトマトジュース!の供に赤(笑)

ブランチは最近定番の日替わりで、煮込みハンバーグ
e0142224_16172465.jpg

ズッシリって感じで、ジューシーって感じよりドシィ!ひよこ豆もしっかりスーピに絡んで、
のここにしてはライトヘビー級
これにジェノベーゼドレッシングのサラダにブルディガラのパン

いつもながらにワインをボトルで飲む人やら、15000円のシャンパンを飲むグループやら
大声でしゃべりまくる老紳士やら、いろんな人がワインを楽しんでいるのでした。
[PR]

by masoon3go | 2008-09-24 12:04 | カフェ
2008年 09月 21日
シュクレのエコバック
シュクレのエコバックの登場!です
e0142224_17372349.jpg


パッと見は、なんとカワイイこと、お店のロゴそのままが多い中、ハートマークがポイント!
ですかね、それにブーランジェリではなくて“pain屋さん”っていうところが、パンで繋ぐ気持ち?!

エコバックは、19日の金曜日に発売されて、この土日で完売だそうですぅ、さすがに人気!

今日でも、マイエコバックを持参のお客さんもいらっしゃって、エコバックは浸透してる感じです

で、うちとこ用にもひとつ購入したのですけど、ひとつでは足らなぁ~~い!気がつくのが遅い
今日もプラ袋を三つも下げて、トホホォ・・・であります。

次回は、エコバックにプラ袋をさげて、エコ遠足を・・・

尚、シュクレのエコバックは10月4日に再発されます、但し予約はできないそうです。

まんまトマトのパンなどもあって、秋のオールスターズ
e0142224_11403069.jpg

[PR]

by masoon3go | 2008-09-21 17:37 | ル・シュクレ・クール
2008年 09月 20日
マロンをまるごと頬ばりながら・・・VESTA
冷凍庫のパンがすっからかんになると、週末を待たずにパンを求めて梅田まで
天神橋界隈にないんですよね、ブーランジェリは、・・・

こちらはブルディガラから独立されたブレッド&スィーツのVESTA
e0142224_10533293.jpg

ほたるまちからも近いし、リッツカールトンからも近い立地にあって、お客さんは絶え間なし

イートインが出来るのが嬉しいところで、宮部みゆきのぶ厚い「おそろし」もゆったり読めるのが
いいですね。
e0142224_10424526.jpg

イチヂクにマロン、イチヂクは前回も食べているのですけど、またまた、好みです
マロンの方は、クロワッサンの優しい生地に、栗がまるごとギュッ!

今週は、シュクレでも栗ものがいろいろ出ているようなので、どんな秋モードなのか、
それにシュクレ版エコバックも発売されているようで、こちらもどれだけパンが収まるか?
デザインなんかも楽しみです。
[PR]

by masoon3go | 2008-09-20 08:28 | PAIN
2008年 09月 19日
秋の旬菜が、キタァァァ~!!
台風の足音もヒタヒタって感じで、もはやこれは季節の便りなんですかねぇー

こちらでは、早くも秋の食材オールスターの味わいが、うれしぃぃぃの気持ちでいっぱい!

ランチでいつもながらに惜しげもなく、変わりゆく季節、秋の味深く感じますぅ

前菜の盛り合せ
e0142224_821159.jpg

野菜たちの味わいがコユイ、トウモロコシは定番ですかね

海の幸、山の幸のスパデティ
e0142224_8222771.jpg

アツアツのパスタに、海はカニ、イカ、白身魚、山のはキノコの味がしんみりヒタヒタ
かすかにボルチーニがキノコの王様

真鯛といろいろ秋の旬菜
e0142224_823524.jpg

右上に見える黄色いのが、そうめんカボチャ!野菜のパスタみたいで、これまた秋!
フランス産ジロル茸

デザートも秋!
e0142224_8251237.jpg

モンブラン!中にはしっかり栗の実がぁ、おとなりはプラム

カプチ!
e0142224_826377.jpg

おぉ!これは先月あったソムリエ試験の合格記念だとか、オメデトウ!ございます

いつもながらに人気は高いですね、食材は毎日変わるのがすごい!ここにリピの秘密が

秋が深くなると、魚もジビエも期待できる季節のはじまり、はじまり(笑)
[PR]

by masoon3go | 2008-09-19 06:15 | アルバロンガ
2008年 09月 17日
♪吹けよ風、呼べよ嵐ーピンク・フロイド
モデリィアーニ展と同時にやっていた日本人作家のオブジェを見て、新生“ピンク・フロイドの
87年に発表された「鬱」(A Momentary Lapse Of Reason) のアルバム・ジャケット
海岸線にベッドが並ぶのは、CGがない時代のフロイドの、そのアルバムらしいアートワーク
を思ったのは、ワタシメだけ・・・
e0142224_21211950.jpg

そんな事を思っていたら、ピンク・フロイドのメンバーだったキーボードのリック・ライトが
癌のために65歳で亡くなったそうです。

映像は初期の頃もいいですけど、圧巻は87年の「鬱」の頃、リック・ライトはすでに脱退して
いて、このアルバムではゲストとして参加、ワールド・ツアーにも参加していて、これが!
常識を破る一大スペクタクルショーで、幻想的なサウンドと巨大な円形スクリーンには、
そのサウンドとリンクするようにフロイドならではの、シュールな映像が駆使されていて、
そして空中にはベッドやら豚やらが飛びまくりなんですね、

このライヴは「光・パーフェクト・ライヴ」として、CDで聞くことはできますけど、映像はLDしか
未だに出てなくて、DVDでも見たいのですがねぇー

e0142224_21301943.jpg

ベスト・アルバムとしては、グループ時代の「原子心母」「おせっかい」「狂気」、ウォーター時代の「ザ・ウォール」を挙げたいと思います。

けどけど、プロレス日常的なファンとしてはあの、「吹けよ風、呼べよ嵐」!!!
(One Of These Days) でしょうかねぇ~

そう、アブドラ・ザ・ブッチャーのテーマ曲!、これは1971年のアルバム「おせっかい」の
1曲目に入っています

場内に風の音とともに、ロジャー・ウォーターズによる不気味なベースが鳴り響き、マントで
顔を覆ったブッチャーの登場シーン
このピンク・フロイドの印象的な音楽とともに強烈な魅力を醸し出していました。

合掌。。。
[PR]

by masoon3go | 2008-09-17 21:34 | ♪MUSIC