<   2008年 10月 ( 21 )   > この月の画像一覧

2008年 10月 31日
幻の魚!で極上ランチ
いつもながらにランチタイムは満席のようですけど、ランチ難民を救助してくれるのは
こちらしかない(笑)・・・土曜日ランチは3週間先まで予約でいっぱい!!!あれま!
1階のMENUを見て、パスタはジェノベーゼ、メインは石垣鯛に決めて襲撃!

席について、MENUを見せてもらうと、よ、よよよぅ、鯛からノドクロに、さらにCの方がぁ!
ノドクロに変わって、あの幻の魚と言われる高級魚、クエ!
これは入荷の決まりがないので、ある時に食べるしかないぃ!ので満腹海鮮コースに即決!

カマスの炙り オレンジとウイキョウのサラダ
e0142224_2102589.jpg

皮目に焼きが入って、皮を柔らかがいい色、ほのかな炙りによる香りがアクセント
ウイキョウにオリーブオイルが絡んだイタリアンらしさの一品

手打ちパスタのタヤリン 足赤海老の ブッツァーラ風
e0142224_211760.jpg

紅い宝石!足赤くんがドドドーッと、車えびに匹敵するプリプリさです、これが2匹!

ボルチーニ茸のリゾット
e0142224_2115563.jpg

ボルチーニのエキスがびっちり!

クエの生ハム巻ソテー サルティンボッカ風
e0142224_2123493.jpg

さぁ!出た“クエ”、これは先週食べた“寅フグ”より旨いかも、脂ののりにしつこくない身
口にいれるとムッチリ、ネットリ、魚そのものの旨味ですなぁー

ドルチェ
e0142224_2131037.jpg

マロンにキウイ、甘味と酸味の組み合わせ

カプチ
e0142224_2135215.jpg

聞くところによると、カメリアーレのAさんは今月いっぱいでガーンを辞めるそうで
来年1月からイタリアのベネチアあたりとかで、半年間勉強の旅だそうです

今年はなぜか、レギュラー的なお店の人が次から次へと海外へ・・・

それは、楽しみでもあり、寂しくなり、でもありなんですけど、いろんなものをいっぱい詰め込んで
またガーンで会えるかも?

・・・いってらっしゃぁ~い!
[PR]

by masoon3go | 2008-10-31 21:50 | アルバロンガ
2008年 10月 29日
ふらり、誘われる福島のフレンチ
ミーツな商店街を通り越してさらに北へ向かうと、無機質なビルの谷間に緑がお出迎え
ふらりぃと立ち寄りたくなるのが・・・ブザンソン

こういうスロープのあるレストランはめずらしい?かもです
e0142224_23222621.jpg


ランチ1400円
e0142224_23225830.jpg

海老のポッシェとラデッシュのタルタル 白ネギのピューレ
e0142224_23232728.jpg

オードブルの一品、この独特のサラダがほろ苦さもあり、爽やかタルタルと重なり合います
バゲットもグッドタイミングでお代りが

本日の市場からの鮮魚のポワレ レンズ豆のソース
e0142224_2324010.jpg

今日はマトダイ、「ジャンムーラン」といえばやはり魚!

エスプレッソ
e0142224_23243669.jpg


う~む、このCPで満足度も上質、さらに温かいサービスも大人対応で居心地度も上質!
[PR]

by masoon3go | 2008-10-29 23:10 | フレンチ
2008年 10月 27日
最終日も見事に完売!
遅ればせながら、SAVVYの催し最終日を迎えたそごうの地階です

さすがに最終日の午後2時30分ごろ、けっこうな人出で賑わってました。

前回、エクレールが1個しか買えなかったので、午後便でまにあうか?だったのですが、

前に並んでたひとがぁ!「これ全部、あるだけ頂戴!」と、「ええええっ~・・・・そんなぁ~」

e0142224_055466.jpg

見事にあちかたもなく、売り切れ!のカードが・・・ 
[PR]

by masoon3go | 2008-10-27 23:07 | スィーツ
2008年 10月 26日
お気に入りはリュスティック・デ・ザミ
いつもながらに雨男だなぁーと思いますぅ、週末の天気予報は晴れだったのに、

通いだしてからこの時季は、雨やら雪やら、強風はもとより台風にも大当たり!

仕事では晴れ男で通っていたのになぁ~・・・・

お目当てのリュスティックは午後からの焼き上がりなので、56分のバスに乗って2時着

お店の前には4台の車が、あれれみんなモンテベロのお客さんみたい

シュクレの方は、雨のせいでもあるのか?ぎょうさんパンは並んでいます

今日の大人買い(笑)・・・
e0142224_22284523.jpg

四角いのが、リュスティック・デ・ザミ
くるみ、へーゼルナッツが入って、ハチミツも隠し味になってるようですけど、
このモチモチとした弾力性は癖になる味わい、生地の持つ風味、味わいはもとより、
焼き色の濃いさに気泡のボコボコさが、なんともクラムらしい顔つきかぁ!

これは朝からにしては重いかな?と思いきや、そんな事もなくバクバクゥ!
ワインなんかにもビッタシ合いますです。

秋の栗ご飯パン、パン・ア・ラ・シャテーニュやら、ドゥミ・セレアルもで、またまた3袋(笑)
[PR]

by masoon3go | 2008-10-26 22:52 | ル・シュクレ・クール
2008年 10月 25日
Hello Hello~もうすぐ?Helloween
Hello Hello HALLOWeeN だそうですけど、甘い甘い、予約なしで週末ランチをしようなんて、甘いはずぅ~~~

まだまだ人ごみはたえず、ブリーゼ前の1号線は心斎橋のブランド前みたいに車がずらり
警備員の方となにやら模様、です。

e0142224_0141045.jpg


当たり前のようにランチ難民ですけど、お手軽カフェコースに変更!と思いきや・・・
エノテカ・カフェはワイン用の冷房も効いているの?と思えるぐらいの熱気!?

おぉぉ~待ちタイムありの大混雑、シニア・クラスの方もカウンターにいらっしゃいますけど、
ベビーカーが1台の家族、小学生2人の4人家族、中高生の女の子とお母さん、ってのが目だって、
プリーゼOPEN以来・・・ワイン好きな女性グループはなんだかかすむ感じです。

週末でも並ぶことはなかったのになぁー
今日のランチは、
     ・じゃがいものポタージュスープ
     ・エビとアボガドのサンドイッチ
     ・エスプレッソ

こちらも見晴らしのいい窓辺のランチがゆったり感がありますけど、この落差は大きいですねぇ
[PR]

by masoon3go | 2008-10-25 23:51 | カフェ
2008年 10月 24日
窓辺のリラックス・ランチ
おいしいパスタに、いい日差しの入る窓辺でランチ!なんて環境設定こそ、ごちそう気分(笑)
ひさかたぶりに長堀のキタァーっかわ

大阪でその窓辺のランチ・ベストスリーのひとつでもあるのが、こちら・・・

ブリのソテーとマッシュルーム、大根の焼茄子風味
e0142224_16272572.jpg

いつもながらに美しいヴィジュアルにして魚と野菜の取り合わせのバランスがいいですね

鶏肉と青菜のフレッシュトマトソース
e0142224_16303584.jpg

味、香り、それにコクのあるフレッシュトマトに絡むパスタが熱い!旨い!

エスプレッソ
e0142224_16583113.jpg


ビルの真横には、いつもまにやらイタリアの国旗が見えたので、あれ目印?できたかな?
と、思ったらイタリア料理店がいつのまにやらありましたぁ、NEWですかねぇ

へぇー?と思いながらも急な階段を上がって、白い廊下を行くとウッディーな扉、これが目印
ちょうどランチタイム過ぎだったので、のびのび癒しの空間をひとりじめって感じです

マイ・晴れの日の窓辺のランチ・ベストスリーは、LAPI(ランチは土日のみ)、ALBALONGA
そして、BOCCIO 
[PR]

by masoon3go | 2008-10-24 17:02 | BOCCIO
2008年 10月 23日
こちらも色ずくイタリアン
めっきり、色とりどりの夏色から秋色の変わるのは、意外に突然かもしれません

♪街は色ずくのに 食べたいものはすぐそばに~ですです

最強の腹ペコ満足コースを・・・

さんまとオレンジ、ウイキョウのサラダ
e0142224_1165580.jpg


手打ちパスタ・タヤリン 鱧とイカのアーリォオーリオソース
e0142224_11105419.jpg

タヤリンLOVERですぅ、ハモの豊満さにソースの香り味わいの三重奏は食べた人だけの
コースならではのその一、その二はリゾット

岩ガキのリゾット
e0142224_11112176.jpg

肉厚のハモに続いての肉厚!岩ガキ自体の味わいがとにかく圧倒的!しかも弾力があり
しっとり・・・旨い。

コチのソテー ジロール茸のソース
e0142224_11115047.jpg

夏から秋にかけて活魚としてお鮨にしても旨いらしい、その肉厚ものを期間限定のジロールと
とても口当たりはプリプリ、それにジロールの風味が引き立ての役割でしたぁ

デザートの盛り合せ
e0142224_11121817.jpg

いろいろ新作もあるらしい、

カプチキャラ、」ニンジン添え
e0142224_11125460.jpg

バニーちゃんも食欲の秋!

と、いう初秋のメニューでしたけど、ジロール茸は松茸に、魚はフグ、松葉ガニ、白甘鯛
なんかに変わっている、今日この頃ですぅ~
[PR]

by masoon3go | 2008-10-23 11:45 | アルバロンガ
2008年 10月 22日
開催中!行って来ましたぁ~がぁ!~ん
いつもながらにヤボ用で心斎橋!今日から“SAVVYがおすすめ・・・”が始まってます

e0142224_15561731.jpg


神戸に続いてのモンテベロの出店なので、どれどれと覗いて見ることに・・・

初日とあって、そごうの催しにしては意外にも人出が多い感じで、さすがにSAVVY?

で、モンテベロ、ががぁ~ん!限定100個のエクレールキャラメルがわずかにあと1個!

まだ2時間もたっていないのにぃ~聞いてみると、「午後2時からも入荷予定」だとか

それにしても恐るべし!

エクレールの他にも人気の生菓子に焼き菓子なんかもあったので・・・・
ラクテ、ラブール、バナーヌ、マカロンも・・・(ここで買わんでもぉ~(笑))

を買ったしだいでした。モンテベロ目当ての方は要注意かもしれません。
[PR]

by masoon3go | 2008-10-22 15:00 | スィーツ
2008年 10月 21日
イタリアンの秋、サーレペペ
シャンソンを聞き終って、さながらパリの下町から、ディナータイムは北区の下町?
本庄西へ、大阪駅から中津を過ぎて、「あっビストロヨシモト!」を通り過ぎて、城北通りを西

脳の中で鳴り響いていた下町のダンス音楽♪ミュゼットもいつのまにかカンツォーネ?・・・

リストランテ・サーレペペ
こちらのシェフとはOAPの頃から知っていたような?だったり、某意外なところで共通点もあり
懐かしい感じがしたり、ですけどリストランテ、秋の色彩の料理を・・・

前菜の盛り合わせ
e0142224_8503593.jpg


北海道の秋刀魚のロトロ、バルサミコソース
e0142224_8515575.jpg

ロトロ・・・巻き込みですかね、この秋刀魚がトロトロ(笑)

海老のふわふわの入ったラビオリ、渡り蟹ソース
e0142224_8525668.jpg

やんわりラビオリに蟹のエキス満載ソース、上海も食べたい!

うにとキノコのアーリオオーリオ
e0142224_8544243.jpg

秋は夏色から、ほんとうにキノコ、栗、ジビエなど、しっとり落ち着いた感じになりますけど
こちらのアーリオオーリオは完璧!香り味わい、おいしいぃぃぃ~

和牛ほほ肉の煮こみとゴルゴンゾーラのリゾット
e0142224_85554100.jpg

冬の呼び声は遠い感じですけど、近づくとクリーミーで濃厚なリゾットが、ほほ肉は
こちらのホッペがこぼれ落ちそう~

デザートはティラミスと季節のフルーツ
e0142224_856548.jpg


コンサート帰りだったので、パスタを中心にアラカルトでしたけど、やはりコースが
圧倒的なCPの良さが鳴らせます、お隣のヴァリエーションの豊かさと手打ちの魅力!
ホホホッ・・・次回はコースメニューで・・・
[PR]

by masoon3go | 2008-10-21 08:00 | イタリアン
2008年 10月 19日
シャンソン・コンサート・イン・ビルボード・・・
今日は、チケットをいただいたのでビルボードライブ大阪へ、先日のスタンリー・クラーク以来

鹿島充都子 シャンソン・コンサート
e0142224_04836.jpg

うわぁ~貸切コンサート!
ギリギリ到着したので、もはや席がぁぁぁ、自由席の真横が空いてて、かろうじて・・・
この席からだと、コンサート全体の雰囲気が楽しめます

シャンソンといえば、まずは映画からで『巴里の屋根の下』、『フレンチカンカン』、『望郷』
それにエデット・ピアフ、モーリス・シュヴァリエ、ダミア、イヴ・モンタン、ずぅーと時代は過ぎて
ジェーン・バーキン、ブリジット・フォンテーヌ、それにゲインズブール、さらにパリのワールドもの
ネグレスコやマノネグラの古いダンス音楽やミュゼットにパンクをコラボしたやつなど
80年代の退屈なシャンソンより、ずっとずっと魅力的な音楽が新しさを感じます

e0142224_045881.jpg

そういう意味ではシャンソンのスタンダードソングを生で聴くのは初めてです。
CDではもちろん、越路吹雪や岸恵子などいろいろ愛聴はしているものの、生です

①は「枯葉」の作者、ジャック・プレヴェールを偲んで書かれた「枯葉によせて」から
②はフランストーキー映画の主題歌でもある「パリの屋根の下」・・・下町らしいさに溢れる歌
「ラストダンスは私に」「ろくでなし」とポップなシャンソンがきて、このあたりはゆとりのある歌声

印象的に残ったのは⑦の『アコルディオン弾き』、『』街角のアヴェマリア」

2部に入って、ドラマチックで軽快な歌が続いて、ラストはブレルの『孤独への道』
まさにハイライトに選ばれた歌です。

原題のJarriveは、人に呼ばれて「いま行くよ」という返事だそうで、誰に呼ばれたかというと
死神からなんです
ブレルは1966年に歌手生活から第2の人生がスタートしたとたん、肺がんになり40歳の
若さで死病にとりつかれます、そして彼が残した歌が『孤独への道』・・・

鹿島さんの歌もブレルになりきったように、最後の叫びとともにステージから退場・・・
演奏も盛り上がって、アンコールの拍手が鳴り止まずでした。

見知らぬコンサートで、これだけのドラマを味あわせてもらったことに、シャンソン感動です
[PR]

by masoon3go | 2008-10-19 23:53 | ♪MUSIC