<   2009年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧

2009年 02月 28日
ジャズエイジのミステリ
e0142224_231503.jpg
クリント・イーストウッドの『チェンジリング』は、1920年代を描いた実話の映画化のようです

フィッツジェラルドはこの年代のことを“ジャズ・エイジ”と呼んでいて、
フィツジェラルドはヘミングウェイやフォークナーとともに強烈な個性を
放っていた作家は、確かに20世紀に大きな足跡を残しています

そのもっとも第一次大戦が終わって華やかに賑わうアメリカ、その時代背景
にしてサスペンスな物語が始まるのだけど、ちなみにこの時代のアメリカを
知るなら映画『華麗なるギャツビー』でもいいかも。

それに警察の暗黒を描いているのがエルロイ。
こちらは50年代ですけど、まさに20年代とかわらぬ世評です。
『ブラック・ダリア』を皮切りとした「暗黒のLA」4部作(『ブラック・ダリア』、『ビッグ・ノーウェア』、
『LAコンフィデンシャル』、『ホワイト・ジャズ』)を読むとまさにです。

時代が重要な要素であることは、ファースト・シーンの導入から総天然色でない青色を抜いた色彩
が微妙に時代しているのがなんともいい感じです。

そしてアンジェリーナ・ジョリー、画面に登場した時には「えっ、これがあのー」と、目を疑うばかりの
やせ細って疲れた感じが、いかにも働く女性の社会の位置づけが出ているシーンかもしれません。

そうこの映画ではシングルマザーとして一市民がようやく女性が社会進出した時代でもあった
ようで、それが職場に向かう紅い口紅が際立って、ハッとさせられるほど印象的。

たんたんと描写される日常に一転不幸が襲い、キャリア・ウーマンとしてのアンジーの
心のきしみが細かく細かく描きこまれていくだけに、対するこの時代の警察の横暴の限りは
よけいに信じがたいでもので、この警察とひとり戦うことになるあたりは、いかにもアンジーの
好演をひきだすイーストウッドの演出力かもしれません。

行方不明になった子供がチェンジリングされてしまって、別の子供連れてきた警察に、
自分の子供でない証拠を探し出すと、好ましくない母親として改心させるために精神病院に
入れてしまう、そこには同じような人が何人もいるのがまた怖い!

物語はこれだけに終わらず現代の鏡のような連続幼児殺人事件やらミステリの要素が
ぎっしり詰まって、サスペンスの息をきらさない映画になっているのでご用心です。

それにアンジェリーナ・ジョリーのファッションも見ものです。

ファッション・チェックしている余裕のない映画ですけど、アンジェリーナが登場するたびに、そ
の20年代ファッションは目を奪われます。

20年代と言えば、自立した女性、働く女性が増え始めた時代で、髪は短く、胸や腰のラインは
強調しない感じで、クローシュ、ゆるいフィット感のローウエストワンピース、ストラップシューズ。

それに紅い口紅。

あのシンプルで直線的なシルエットと、女性的なラインや装飾ぽさのないデザインが似合ってますねぇー
もう一度見てみたいスタイリングでもありましたぁ~
[PR]

by masoon3go | 2009-02-28 23:17 | MOVIE
2009年 02月 27日
AOCバターたっぷりクロワッサン
こちらはブレッド&スィーツVESTAのお店で、ブルディガラから独立されたのに・・・
ブレッドなんですね
けっこうバリエーションが豊かでNewなのもあって、キーマカレー、ラタトューユのパンとかも

シュクレとかブルディガラでは見かける美女なタルト・ポワールをこちらでも?と思ったら
残念ながらなくて、タルト系はオランジュとかイチゴがあります。洋梨ないかなぁー?

それにAOCバターたっぷりこんのクロワッサン・ルヴァン、こちらは三日月してない形です
先っぽをかじったわけではなくて(笑)こんな三角形の形で160円

e0142224_1647587.jpg

クロワッサンはスタンダードなタイプもあるけど、こちらはクロワッサン・ルヴァン
パリッパリっとした感じではなくて、保水性たっぷりの感じでしっとり、
バターの香りがなんとも福々
e0142224_16482588.jpg

しっかり焼きこんだパリサクッに、クレーム・パティシエールとオランジュの組み合わせ
甘味と酸味と生地の一体感で旨~~~いのですけど、ミントがあってもいいかも
[PR]

by masoon3go | 2009-02-27 12:19 | PAIN
2009年 02月 26日
Hajime にて
このブログもあれよあれよでアニバを無事に迎えて、記念日ということでレストラン・ハジメ
と、ぜんぜん違う記念日ですけど、こちらは特別な日にもってこいなレストランです。

グランメゾンの落ち着きがあって手抜かりのないサービス、一歩入ると“美食の世界”ですかね
なんとなく肩に余分な力が入る感じで着席。

テーブル席はほぼ満席。
(あとで分かったことですが、ほとんどの組は誕生日のサプライズがありました。)

この日は第1回目ということで、ランチ、4700円でどんなのか?を味わってみます
でも~、これもあとで分かったことですが、野菜星人としてはミシェルブラスの野菜がお目当て
だったのが、このコースでは出なかったので、「しまったぁ!この上のコースにすれば・・・」でした。

鴨のカルパッチョ
e0142224_1303246.jpg

3層になった半熟系タマゴ、桃のピュレ、クラッシュドアーモンド
e0142224_131883.jpg


e0142224_1314647.jpg

マナガツオのポワレ
e0142224_1322049.jpg


食べつくすと、素早くともされて3本はたべましたぁ(笑)
e0142224_133136.jpg


白金豚・・・もうウットリするような桃色吐息
e0142224_1333595.jpg


プレデセール・・冷え冷えの溶岩石の上に赤ピーマンのアイス
e0142224_1343982.jpg


デザート
e0142224_1355385.jpg

オレンジ風味のミルフィーユには紅茶とチョコのクリーム
e0142224_136298.jpg

チョコムース
e0142224_137111.jpg

生チョコのようなに濃厚!珈琲の粉、赤ワインを煮詰めたソースも合わせて、苦味が好き!

いろんな一口チョコ
e0142224_1374477.jpg

ビターチョコ、ホワイトチョコ(レモンクリーム)、キラメルクリームなんかでした

カカオの飴
e0142224_1381899.jpg

ボ・ドゥ・クレーム
e0142224_1385220.jpg

甘いクレームにカラメルやフランボワーズの甘酸っぱさが味のバリエーションが楽しめます

e0142224_139386.jpg


おみやげ
e0142224_13102140.jpg


ふだんランチといえばワイワイガヤガヤの喧騒な中で楽しんでますけど、静寂、落ち着、リッチ感
そのおもてなしは、料理が運ばれるのは宝石をあつかうような感じ、食べるほうも緊張!
ほんと「特別な日」のランチとして充分楽しめます。

予約したときは「2時間制限」と言われていたのですけど、料理のペースがスローなために
結局、3時間ぐらいのコースになり、できれば料理のテンポ、リズムは考えてほしいものです。

リベンジの目標はもち、“野菜の美術館”、それに“料理に合わせたシュクレパン8種”ですかね

◆追記:3月1日よりランチ・コースが7800円の1種類になりました。HPで確認を。
[PR]

by masoon3go | 2009-02-26 12:54 | フレンチ
2009年 02月 25日
アチラといえば、レストランでも別嬪さん
う~~~むむむぅ、このフォルム!なんて美しくておいしくて、定番バゲットのミニサイズ
こちらのグランメゾンでしか味わえないのが、なんとも指をくわえてしまいますぅ

レセプにお誘いいただいたり(涙)、いく度もタイミングが合わずに、よぉーやくぅぅぅ~
念願かなってぇーパンと料理のコラボたどり着くにことができましたぁ~

e0142224_9544719.jpg

[PR]

by masoon3go | 2009-02-25 06:49 | フレンチ
2009年 02月 24日
週末はアチラ、ちょっとその前に・・・
日曜日はいつものようにピクニックして大人買い(笑)なんですけど、そんだけで2週間はもつわけがない!

そこでいつもツナギに買うのが、本町、西梅田、福島のパンであります。

Hanakoの「関西ベストパン」特集であれやこれやチェックするものの、わざわざそこだけに足がむきません
玉造のイートインは行ってみたいですねぇー

春になったら、京都PAINツアーは計画するものの、春の足音はもうすぐですかねぇー

おなじみパンが見えるカフェでチョコクリームパン
e0142224_11172436.jpg

こちらはパンベルジュやポンヌフやら、フランスらしいパンの種類も豊富ですけど、
メロンパン、クリームパンもいくつか種類があります

この日はベレンタイン明けのチョコまだいけます!って感じだったので、ビターなクリームが
たっぷり詰まったチョコクリームパンでイートイン

砂糖を使っていないので、ごくごく苦味のきいたチョコ好きなクリームがtョコ生地にうまくサンド!

朝食用には、最近お気に入りの胚芽食パンにドゥミ・バゲット
e0142224_11255969.jpg


そういえばadd:PAINDUCEもまだ未訪問、すっかりオドナは忘れていましたぁ~
[PR]

by masoon3go | 2009-02-24 11:28 | PAINDUCE
2009年 02月 19日
レイド・バックなショコラたち
あややぁ!いつのまにかすっ飛ばしていましたヴァレンタインな日のことを・・・

ほとんど縁のないこの冬の季節の催しですけど、たまたま北摂方面に足を運んだので寄ってみると

噂では即日完売だったパン・デビスがたくさんあったので、そんなに魅力的だったの?と買うことに

ヴァレンタイン限定パンといろいろ
e0142224_953246.jpg


クグロフ・ショコラ
e0142224_953599.jpg

カカオの香りに彩られた生地には、イチジク、プラム、オレンジが練りこまれて、フルーティでもあり、
おぉぉ~ショコラヴァレンタイン気分です
e0142224_9543121.jpg


パン・デビス・・・ヴァローナ
e0142224_10173830.jpg

スッとナイフでカットすると、香り立つ!おぉぉ~スパイス!
食後酒とともに食べるチョコにも似た感じがするし、濃い目のエスプレッソのデザートにも最適
10日間ぐらい持つのでじっくり食べたいケーキです

そしてギリ・チョコ
[PR]

by masoon3go | 2009-02-19 23:46 | ル・シュクレ・クール
2009年 02月 18日
1ヵ月待ちでした!ぶのわ
久々にブリーゼです。
お目当ては!と言えば「ル・コントワール・ド・ブノワ」ですねぇ、グルメ特集の雑誌では必ず
と、言っていいほど1ページか見開きですからねぇ、まさに1ヵ月待ちぃ!

まぁ、一度は行っておかないとぉ~です、一応高まります
評判の方は様々のようですけど、何事も自分で味わって、ですしデュカス氏のコンセプトも期待はあるしで体験せねば、です。

銀次さん。が予約していてくれたので、ようやく訪れることに・・・あの方はアフリカ旅行中!

e0142224_17341096.jpg


地上160メートルの33階
e0142224_1735714.jpg

うぉぉ~さすがにお天気も良くて、見える見えるのでした

フランス人ギャルソンもいたはるし、「こんにちはぁ~!」と挨拶してもらった顔見知りのソムリエール
もいたはったので、なんだかほんにフレンドリーな空間でもあります

さて、店内は女性客100%!でもないですけど、ほぼ女性で満席!
ランチコースは2600円の定番から・・・

アミューズ チーズ・シェヴール
e0142224_1743890.jpg


バゲットとカンパーニュ
e0142224_17435570.jpg

おぉぉ~かなり四字固め!ガチガチ、バリバリ、苦手なバゲットです

こちらはカンパーニュ
e0142224_17462823.jpg

これにアミューズのチーズをつけるといい感じになりました、でも味薄ぅ

前菜 サラダ・クリュディテ いろいろな盛り合わせ
e0142224_17484395.jpg

ビーツ、セロリアック、サヤインゲン、セルバチコ・・・お家サラダちっくでした

イトヨリのポワレ レッドオニオンとオリーブのコンポート フェンネルのコンフィ
e0142224_17512594.jpg

あまりにも待ったなしで出されると、オドロキます・・・モダンタイムス的
銀ちゃんは仔羊・・・おいしそうだと分けていただくけど、遠慮してしまいましたぁ

エスプレッソ
e0142224_1754423.jpg


でありました。

まぁ~こんなですかねぇ、いつものが~んの魚と野菜を比べてしまうと、あれれぇ!の差を感じるし
西天満や長堀のビストロの方がはるかにコスパもいいし、お店も感じられるかもです。

銀ちゃんいわく「一度きたらいいかぁ~~」でしたけど、ワタシメは銀ちゃんに謝謝ランチでありました。

今は土曜日しかやってないけど、久しく食べてないルールブルーのランチこそ最強!でしょうかねぇ~

More・・・オマケ
[PR]

by masoon3go | 2009-02-18 18:33 | フレンチ
2009年 02月 16日
今日の箱膳
e0142224_824336.jpg
コードナンバーはゼロゼロのはずだったけど、
ダニエル・クレイグになってからは、
微妙なボンドDNAは受け継いでいるものの、
新・ジェーエムズ・ボンドは冷徹にハードボイルドしている

オペラ『トスカ』と絡むアクション・シーンのフラッシュバック
など、これぞ新ボンド・ビギンズの片鱗でしょうか

マーク・フォースターの演出は冷たく冷たくハードに貫いています。


お天気もいいのでぶらぶら西天満、カテゴリーには困ることはないけど、ご飯好きな男衆の寄合

ご飯のおひつごとお代わりをしても安心で、おいしいご飯とくればぁ!モエェェェ~

e0142224_2348256.jpg

立ち上がらないと八種は見れずです、デザートまで付いて1200円

e0142224_23495761.jpg

[PR]

by masoon3go | 2009-02-16 23:42 | 和食
2009年 02月 14日
うるるっイタリア式ふぐ雑炊
今週は妙なバカッ晴れ日光に、花粉に黄砂に、これが2月!と思わせる毎日ですが

気分はまだまだ八代亜紀敵な熱燗モードの冬景色と冬眠していたいですねぇー

で、先日のふぐ雑炊から、どんどんふぐラヴァーな気分が続いていますが、さらに出くわした

のが、こちらのが~んの満腹美食ランチの一品!寅ふぐ!う う う っ・・・

e0142224_11693.jpg

お出迎え、最近はお昼から飲む人用に置いてあるのですかね、泡!泡、ガマンガマン(笑)

氷見産ヨコワの炙り、茄子のピューレのサラダ仕立て
e0142224_11102826.jpg


バゲット
e0142224_11115063.jpg

縦割りのバゲット、充分な気泡が麗しのお姿

香住産泥海老とカラスミの冷製パスタ・カッペリーニ
e0142224_11313014.jpg

シェフの地元の香住からの直送、甘えび、白えびなど5種はある中の黒えび
カッペリーニを覆いつくされて贅沢ぅ!もちろん極生!

下関産寅フグのリゾット
e0142224_1136129.jpg

プリプリッのフグのゼラチン、コラーゲンがじんわり沁みてますぅ~
この時期でしか食べられないのかなぁ~極旨。。。

山口産マナガツオの生ハム巻きソテーサルティンボッカ風
e0142224_11425039.jpg

料亭の西京漬けでも人気が高い高級魚、柔らかい身にしつこくない脂が魅力!
マッシュポテトを絡めた野菜も魅力満載、ロマネスコ、えんどう豆、アスパラなど8種入ってる!

チョコレートケーキ
e0142224_11501623.jpg

温く温くチョコ

カプチーノとサプライズ
e0142224_11514530.jpg

男性のみならず女性の方たちにもお店から、バレンタインでしたぁ~
[PR]

by masoon3go | 2009-02-14 23:46 | アルバロンガ
2009年 02月 13日
うず巻きパンが食べたくて襲撃!
この写真を見るとつくづく昔食べた“うず巻きパン”に似ているので、懐かしい思いも

あったりするパン・オ・レザン
e0142224_195426.jpg

このうず巻きすっごくありません!

ハラハラのクロワッサンの生地に、カスタードクリームとレーズンが好きです

クロワッサンが王道を行ってると、レザンに目移りしてかまってあげたくて食べてます(笑)

この日は久しぶりに今年二回目のイートイン(前回はユキちゃんと1月に“キシュ・オ・セップ”を)

イートインの楽しみはもちろん焼きたてパンと、それにシェフがいろいろ喋ってくれること

それにこちらのいちファンの話も聞いてくれること・・・

シェフはあいかわらず何事にも熱心で、シャープに切れてる、5年前に会った時からやる人

パンが好きなんだなぁー、このモチベーションに合うと、う~む力が沸いてくる感じ

シェフにパンのことを聞くと必ずや答えてくれる、パンの事、フrランスの事です

シェフの「なないろめがね」にはいろんな事が書かれているけど、それはみんな読んでる

人にむかってのコミュニケーションで、質問だったり問題だったりブログでも語りかけている

このコミュニケーションが他では、なかなか成立しにくいとこが多いだけに、

これだけ話をしてくれる、ル・シュクレクールは他の店とは違うとこがたくさんあって、

イートインだけじゃないけど、お店に伺えば何か発見や楽しみがありそうです。

ぜひ機会があれば、焼きたてのクロワッサンとか、フロマージュとか食べなら楽しんでください

今度雑誌でパン職人の“過去、現在、未来”?みたいな話が特集されるそうなので、

岩永シェフのまだ見ぬ一面がちらちら読めるかもで、こうご期待のようです。

あっ!バレンタイン・パンも完全制覇できましたぁ~!のちほど・・・
[PR]

by masoon3go | 2009-02-13 23:05 | ル・シュクレ・クール