<   2009年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧

2009年 11月 29日
ランチ・オブ・が~んランチ
Hanakoグランプリの季節ですかねぇー今回は「グランプリ・オブグランプリ」というのが

売りになっているようで、選ばれていたのは「ヴァリエ」に安土町のパリも選ばれています。

ル・ヌーパピヨンのみなさん、おめでとうございますぅ~

他にはどこだったか記憶はさだかでは?そう立ち読みですから・・・・

フレンチでは「ランデヴー・デ・ザミ」の名前もでてましたが、グランプリか準だったか?

イタリアンのランチではマイ・グランプリなのがこちら
12時30分ぐらいなのにカウンターを独り占め!晴れの日のランチひとり(涙)

前菜の盛り合わせ
いつもながらにカラフル!左下には名前を教えてもらっていながら・・・グラタン風・・・
e0142224_0365741.jpg


パスタは、カキとかぶらのアーリオェオーリオにも、すっごく魅かれたのですが
今日は定番の菜園家風スパゲッティ
e0142224_0432059.jpg

まさにロマネスコをはじめ野菜の楽園!チーズの絡みもおいしさ倍増!

そして、メインもアコウの香草グリルにすべきか悩んだ末に、MENUにこれがあると
やはり定番に
伊賀豚のミラノ風カツレツ
e0142224_0465913.jpg

付け合せの野菜は、ビタミン、ミネラルが豊富でイタリアでは大人気の健康野菜の
プンタレッタ、アスパラガスチコリです。
これがふんだんにあって、バランスいいですねぇー

デザートはシェフ特製のタルトタタン!
えぇぇぇ~!こんなのまで作るんですかぁ~しっかり焼きこまれた感じがいい色あいで
もちろんしっとりとしたサンふじのリンゴの味わいに、タルトもおいしいです
e0142224_102147.jpg


定番で締めくくり・・・似顔絵入りになってます(笑)
e0142224_113536.jpg

[PR]

by masoon3go | 2009-11-29 00:29 | アルバロンガ
2009年 11月 27日
NewOPEN!パティスリー ラヴィ ルリエ
ハルさんから教えてもらったパティスリー、なんと徒歩圏内にフランスの街角が!


シンボルマーク
e0142224_16255592.jpg


扇町のはずれに位置していて、梅田からは見つけやすい感じ
e0142224_16264918.jpg


火曜日が定休日で10時から開店です
e0142224_16284010.jpg


花畑に囲まれた小さなパテイスリー
e0142224_16301493.jpg

生ケーキはフランスの定番ものがふるに揃っていて、ショーケースの中はカラフル

OPENしたてなので続々とお客さんは続く続くで、5~6人入ればなかなかいっぱい

そんなんでショーケースの写真は遠慮して、マカロンと生ケーキは持ち歩けないので、
ボヌール☆花粉ユキちゃんオススメの焼き菓子を購入
e0142224_16335261.jpg

ディアマン・カフェ、ディアマンノワ・ド・ココ、フィナンシェ、リンツ・フランボワーズ
それにOPEN記念の紅茶

パンも少しあります
クロワッサンとクグロフ・プティ
e0142224_16364714.jpg



Patisserie Ravi,e relier (パティスリーラヴィ ルリエ)
大阪市北区神山町2-6
Tel&Fax:06 63 13 36 88
営業時間 10:00~20:00
定休日:火曜日
お店のブログはこちらで見れます→ラヴィルリエのブログ
[PR]

by masoon3go | 2009-11-27 15:00 | スィーツ
2009年 11月 25日
浪花の麺と言えばこちら
木枯らし吹きすさぶ北堀江から向かったのは、この鍋が食べたくて・・・

ランチ仕様で「ミニうどんすき」2200円っていうので温まりましょう~
e0142224_018622.jpg


前菜が三品付いて、さらにワンドリンクもプラス!ビールもあります
e0142224_23231334.jpg

ご飯は追加ですけど、お餅がついてまし、デザートもゆずアイスか果物か

出汁をなみなみと入れて、グツグツと3分待つ・・・
e0142224_23245072.jpg

関西はこの薄口出汁ですねぇー、これがおいしすぎなので、残すことは厳禁かも

グツグツ・・・
e0142224_23262361.jpg

スッキリとした出汁の中で多種多彩の具が入っているので、一段とまろやかになり
こしのあるうどんがしっかりと味がしみこんで、ただただ無口になるだけ(笑)

最近、読んでる文庫に高田都/著の「みおつきし料理帖」(ハルキ文庫)という時代劇が
あって、これが若い女料理人の澪が主人公で、上方料理を江戸の町で味の違いに
戸惑いながらも奮闘する姿が書かれています。

短編になっていて、一話一話に上方料理を元に彼女なりのこれぞ逸品が登場して
楽しませてくれたり、感動に包まれたりと久々に涙する人情市井ものです。
[PR]

by masoon3go | 2009-11-25 23:12 | 和食
2009年 11月 24日
今年こそボジョレー祭り
連休最後の日にチャレンジィィィ~

昨年はすっかり忘れてしまって、「今年は出ないんですかぁ?」と、アホなこと聞いていた
世界標準から脱落していた愚か者です(笑)

それでも朝からではなくて、昼ごろ焼き上がりのリュスティック・ボジョレーがお目当て

まぁ~欲張りにも全品7種類ははなからあきらめていたわけで・・・

到着したら、あるある鴨のサンドもあるしリュスティックも、4品ゲッチュ!

さらに「10分待たれたら焼きあがりますけど~」って、待ちます待ちます、至福の待ち時間

e0142224_22584123.jpg


①ボジョレー・クランベリー
(赤ワインで仕込んだ生地にワイン漬けのクランベリー、 オレンジ、カシューナッツ)

②ボジョレー・サラミ
(2種類のサラミを赤ワインで仕込んだ生地に練り込み、 ピスタチオがパラパラ・・・)

③ボジョレー・ディジョネーズ
(ソテーしたベーコンを赤ワインで仕込んだ生地にディジョン産マスタード)
e0142224_23104385.jpg


④パン・ボジョレー・エシャロット (ソテーして赤ワインで詰めたエシャロット)

⑦リュスティック デ ザミ ア ラ ボジョレー
(赤ワインで仕込んだリュスティックに、 リンゴ、プラム、レーズン、松の実、クルミ)
e0142224_23123692.jpg

病み付きになるエシャロット!、以前いただいたタマネギのパンの再来
リュスティックはジュワジュワの赤ワインともちもちの豊かな生地に、これでもかぁ!の
芳醇な具がたっぷし、噛み締めるごとに歯ごたえをしっかり楽しめます。

      
⑥赤ワインのパンと鴨のサンドイッチ オレンジのソース添え
e0142224_2313105.jpg

これぞお目当てサンドイッチ!イートインで食べようか?悩んだとこですが・・・
この鴨のはみだしたルックスを見ていると、もう少しじんわり味がしみ込むを待つべしで
テイクアウト!

赤ワインの生地は、ふわぁと浮き出る風味がたまらない感じで、そのパンに挟まれた鴨は
じんわり潜む旨みと、パンと鴨をつないでくれるオレンジソース、そして栗の四重構造
のおいしさが楽しめるしかけ、シュクレ特製鴨サンド!レギュラーになってほしい一品!
[PR]

by masoon3go | 2009-11-24 23:15 | ル・シュクレ・クール
2009年 11月 22日
プチマルシェにまっちん襲来!
めずらしく北堀江に出没!

こちらにあの"まっちん”が限定イベントで、まさにうれしい襲来!
e0142224_1759346.jpg


あの九条の“ぽこぱん”とのジョイントです。
e0142224_1811089.jpg


11時30分からなんだけど、行列ができる予想で整理券があらかじめ配られるとか

早い人で10時30分から・・・到着したのが15分前で、すでに整理券はなし!
35人ぐらい整理券の人が、かなりゆっくり狭い店内に・・・


めずらしく並ぶこと50分・・・・「ここで終わりですぅ~」と言われてギリ・セーフ(笑)
その後に並んでいた10人ぐらいの若き女性たちは、50分も待たされていたのに
文句も言わずに立ち去るだけでしたぁ~「もーないんやてぇ・・・」だけ残して。


中では、まっちんさん自ら販売。
なんでこんなに時間がかかるんやろ?と思ったら、一人ひとりお客さんとお話されてます
手前は、ぽこぱんさん
e0142224_1885966.jpg


あっというまにお客さんは、わらび餅とパンを買ったら、誰もいなくなりました。
マルシェのイベントは、これだけ?
e0142224_1811829.jpg


ぽこぱんは、リンゴとナッツのパン大で500円、まっちんの本わらび餅は720円
e0142224_18125856.jpg


京きなこに包まれた本わらび餅、通販が終了した9月以来になりまうかねぇー
e0142224_1817963.jpg


デカァ!
e0142224_18175678.jpg


あぁぁぁ~やはりやはり、この手作りまっちんのわらび餅はいいなぁ~です。
やわらかさに弾力を兼ね備えていて、さらに京きなこの上品さが実に香ばしい

次回は来年1月に北浜に襲来らしい、詳しくはホームページで告知があるようです。

そして、「ぽこぱん」は今年いっぱいで閉店されるらしく、年内のイベントの催しは
12月20日(日)に、ぽこcafe+まつなが畑
12月27日(日)に、ぱん友販売会
があるようです。
[PR]

by masoon3go | 2009-11-22 18:54 | スィーツ
2009年 11月 20日
街角のケークサレ
とある街角のカフェが主役ではないのですが・・・チョコクロがありますが(笑)・・・

しばし時間待ちであります

e0142224_16551478.jpg


今日の主役は街角に出没した、このUn jeune cuisinier de la femme?

こんな美人の作るケークサレ食べてみたくなりますょねぇー(笑)
e0142224_16563771.jpg

フランスでは昔から食べられているケークサレ(野菜のケーク)です。

そのケークサレ・ボックスとは
厚くカットされたケークサレ(野菜のケーキ)2種あって、さらにタンドリーチキン
クスクスのサラダ、キャロットラペ、ジャガイモのクミン風味と、ぎっしり
e0142224_16595915.jpg

ケークサレのカットから顔をだしているのは、ベーコン、オリーブ、タマネギ、
それにホウレン草、コーン、ツナ、さらに赤パプリカといろんな種類が入って
キッシュとかとまた違って、ほどよい塩味と自然な野菜の味が絶妙で美味しすぎぃ~

このまま食べてもいいけど、ほどよく焼く直してもムッチリ惣菜系の朝食としても

さらにワインにも合いそうです・・・

が、全部食べてしまったので、ケーク単独でもいただくべきでした。と、後悔・・・
[PR]

by masoon3go | 2009-11-20 17:00 | カフェ
2009年 11月 17日
モダン空間の中の極細のススメ
天神橋筋商店街のはずれのはずれにあるマンションにある蕎麦屋さん

西天満のひとつ★星の蕎麦よりも極細のところが好きです

e0142224_2283966.jpg


屋久杉のテーブルに午後の薄日が差しこんでいる中、昼酒を楽しむ姿もあり
e0142224_2214894.jpg


まずは「だし巻き卵」
その昔、なんばにあったおばあちゃんの焼くだし巻きが忘れられないけど、ここのも匹敵
e0142224_22193556.jpg

辛味大根がついて、たまごの旨さがさらにさらに・・・
e0142224_22202169.jpg


「そば寿司」
極細緬を下ごしらえして、具を入れて鰻、玉子、三つ葉、などを巻いてます
e0142224_22253742.jpg


天ぷら
ふくよかでこれぞ海老!って思わせる身がプックリ!口に入れるとジューシー、これが三匹
e0142224_22304436.jpg


鴨汁そば
e0142224_22312827.jpg


カッペリーニ同様に極細の蕎麦がなんとも、香りにスルッスルッと消え去る姿が好きです
e0142224_2232235.jpg


茗荷辛味そば
清涼感あふれるのど越しに、香り、食感、茗荷、辛味大根の相性がこれまた好きです
e0142224_2233386.jpg


〆はこちら
e0142224_2233475.jpg

[PR]

by masoon3go | 2009-11-17 22:00 | 和食
2009年 11月 15日
秋の夢の一夜La nuit du rêve de l'automne
5周年を祝うイベントとして始まった非公式のコミュ・イベント
「第4回岩永シェフを囲む会」
シェフを囲んでお客さんと身近に語り合う会で、シェフにも楽しんでもらう会でもあり
シェフがゲストとして4ヶ月連続参戦!同世代のシェフたちとの息の合ったコラボを展開して
好評となり、料理とパンのコラボにもなっています。
そして最後としては相応しい11月11日という記念すべき日(祝★モンテベロ)の開催となりました。

この日の灼熱のLIVEセッションはルールブルー。
e0142224_23505511.jpg

南條シェフは同世代ではないのですが、企画者としては夢のDUOとなりました。

待ちに待った、ときめきのヒートアップ直前!これから始まるルールブルー×シュクレ!
e0142224_23514876.jpg

料理とワインとパンのまさに饗宴です、飲めない方にはほんとゴメン企画でした。

事前にいただいていたMENUから合わせて作られたパンたち(わっ!事前に来てる!)
e0142224_8562341.jpg

e0142224_8565739.jpg

このバゲットいつもと違います!さらに、さらに隠しパンあり(笑)

オープニングはいきなりシュクレとの競演のプレゼンから
そして、両シェフからの料理、ワイン、そしてパンの説明を聞きながら!これって贅沢三昧
ではあ~りませんかぁ!カウンターの目の前のLIVEといい、まさに熱気!(テーブル席はかなり涙)

amuse
ル・シュクレ・クールのパンと共にディップソース3種
 アボガドとズワイガニ
 ロックフォールチーズとくるみ
 ナスのキャビア風
e0142224_8581739.jpg

庶民のキャビア!ナスを載せた特製のバゲット・エポートル
e0142224_90040.jpg

ディップソースを活かすようにいつもの個性は控えめにしてあります

WAINは、07クレマン・ド・ブルゴーニュ ロゼ / シャンタル・レスキュール
e0142224_10504893.jpg

料理に合わせた南條シェフお好みのワインがそれぞれ出てきます、クレマンで乾杯!

hors-d’oeuvre
カリフラワーのムースの上に魚貝類を散りばめて
      オマール海老のコンソメゼリーをかけました
e0142224_962762.jpg

南條シェフがフランスで食べて印象的だった料理をルールブルーらしくアレンジ

白いムースの上には、カニ、ホタテ、エビがドッサリ!で噛みしめるほどに強力な旨味
その上からオマールの味わい 自体が濃い、たっぷりのゼリーがかけられてます。
e0142224_97614.jpg


これに合わせたのが「エシャロットとクミンのパン」
クミンを練りこんだ生地に、ソテーした後、白ワインビネガーで煮詰めたエシャロット
を加えてある。というシェフの考えが、パッと割った瞬間からプワァ~と香る風味が
なんとも味わい豊か
e0142224_983424.jpg


WAINは、08ミュスカ プティ・フルール / ジュリアン・メイエー
e0142224_10512568.jpg



poisson
北海道産タラ白子のロースト ムニエルソース
    あさりの入った十穀米のピラフ添え
e0142224_9164862.jpg

出たぁ~岩永スペシャル!ルールブルーにおいてはマストですからねぇー白子!
まったりした甘味に、風味、ソテーした白子ならではのネッチリ感!十穀ピラフともいい相性

「ゴルゴンゾーラとマスカルポーネのパン」・・・
シェフのよれば「白子には香りをアクセントにゴルゴンゾーラを合わせました。
 強すぎないように調節したので土台にマスカルポーネを使いました。と・・・
e0142224_9285430.jpg

ゴルゴンゾーラの香りに包まれた、噛めば噛むほど旨味が呼び起こされる文句なしの「旨さ」
濃密なゴルゴンゾーラとマスカルポーネの取り合わせに唸るばかり

WAINは、 07リムー・ブラン キュヴエ・モーザック / シャトー・ド・ゴール
e0142224_10515793.jpg



viande
低温で調理した群馬産上州黒毛和牛のローストビーフ
   チーズ風味のさつまいものグラタン添え ボルドレーズソース
e0142224_940658.jpg

和牛4キロの塊を4日間仕込まれていたビーフ!カウンターの人だけそのデカサは見た!
e0142224_9415322.jpg

切り分けたローストビーフ!この大きさこの濃密さは一人分は200gはあるのでは、、、
白い皿の上のこの色鮮やかさ!と艶にはホレボレ、赤、黄、緑の美味しきコントラストは芸術品

ひと噛みごとに肉汁がジッワァジュワァ~でっ絶妙な火入れが最後の最後まで温かい
サヴォイのドーフィノワは、ほんのり甘いさつまいもヴァージョン

これに合わされるのが「パン ア ラ グラン メール」
e0142224_9501514.jpg

ローストビーフとドフィノワだったので、おばあちゃんちの暖炉の前で囲む
ような素朴なパンをイメージして、
全粒粉やライ麦やフスマといった「パン ベルエポック」に使った強い粉に、
蕎麦粉で香りを強調してみました。
と言う蕎麦粉のカンパーニュ
e0142224_9525817.jpg

リニューアルされて姿を消した蕎麦粉でしたが、こんなところで再会できるとは
蕎麦粉の清々しい香りと食べやすさ、力強さが健在

ワインは、Chateau Montrose 1979
当日まで「お楽しみワイン」だったヴィンテージのマグナムボトルが登場

dessert
ロワールのデザート クレームダンジュ ハチミツのソース
       季節のフルーツを添えて
e0142224_9583970.jpg


WAINは、07オー・ベニト プルミエール・コート・ド・ボルドー / ジョセフ・ジャヌー
e0142224_1053315.jpg


これでMENUに書かれている料理とワインの最後!と思っていたら・・・
ここにシュクレのデザートに合わせて・・・「パン デピス イヴォノワール」が登場!
ホワイトチョコで仕込んだ優しいパン デピスです。
ここまでやってくれた南條シェフのコースに最後までお付き合いしたくて 作りました。
と言う岩永シェフのリスペクト
e0142224_1021670.jpg


そして〆には、食後のエスプレッソとヌガー
e0142224_1032974.jpg


始まる前には「この企画長いよねぇーと思っていたら、終わってみればアッ!言うまに
最後の最後まで来てしまいました」

シュクレのパンに合わせたそれぞれのレストランの個性的な料理に、毎回違うパンを
創造して、4回のうち1回でも期待を裏切るj事もなく、作れば作るほど新たな凄みを
感じる出会いがありました。

それにまた立ち向かうレストランのシェフたちの感性に思うのがズバ抜けた構成力だった
かもしれません。
食べてる側としてもこれだけ刺激を与えてくれる料理とパンの感性にも記憶に残るイベントと
なりました。
[PR]

by masoon3go | 2009-11-15 23:42 | ルールブルー
2009年 11月 11日
速報★ルールブルー×シュクレ!
ついに実現ルールブルーとシュクのバトルロイヤル対決!
e0142224_2264139.jpg


そしてMENUは、ルールブルーのコース料理が迎え撃つ、そしてシュクレのパンが!
e0142224_2283253.jpg


予告編ですが、本番はしっかりとレポいたします。しばしお待ちを・・・・
[PR]

by masoon3go | 2009-11-11 23:22 | ルールブルー
2009年 11月 10日
ハロハロ誕生日ランチ
10月の30日といえば世界的に有名なハロハロですが、この日はお友だちの誕生日でも


平日ランチでもこのMENU コスパ超高層級!
e0142224_12474082.jpg



前菜の盛り合わせ
この彩の豪華さは海老のマリネの存在か
e0142224_12514144.jpg


フィセルのバゲット この切り方が好きですねぇー食べた感じする味わい
e0142224_12505135.jpg


縮緬キャベツと鹿のラグーのスパゲッティ
e0142224_12555489.jpg


コショウ鯛のソテー シブレット風味
これがただものではない一皿!鯛の下に隠された野菜の財宝がザックザックと10種類
e0142224_12574682.jpg


デザートは、モンブラン、マンゴー、ハチミツのジェラード
e0142224_1304143.jpg


いつものカプチアートはハロ~ウィン
e0142224_1314345.jpg

[PR]

by masoon3go | 2009-11-10 13:02 | アルバロンガ